山梨県立美術館で開催中「花の画家 ルドゥーテのバラ」展 見どころ(4)

ボンソワール!
こんばんは。

最近くもりの日が多いせいか、ウーラちゃんはキャットタワーのハンモック
にいることが多くなっています。ちょっとお風呂気分のようですね。
ハンモックの耐荷重は5キロ。ウーラちゃんは1歳半ですでに6キロ目前。
クマさんはハラハラドキドキです。

e0356356_18432745.jpg


ところで、山梨県立美術館の「花の画家ルドゥーテのバラ」展は連日大賑わいのようです。
今日は4回目の見どころご紹介です。

《ルドゥーテの名前がついたバラ》
 ロサ・レドゥーテア・グラウカ

e0356356_18344822.jpg



ル」ではなくて「レ」となっているのはフランス語とラテン語の違いです。
グラウカは白っぽい緑色(灰緑色)という意味で葉を形容しています。

展覧会場では「ワイルドローズとその派生種:ヨーロッパ分布種」のグループ(154)
に展示されています。
ワイルドローズなんですね!
一重の白い花びらに薄いピンクが縁取りのようになって大変印象に残るバラですが、
残念ながら現存していないそうです。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ







[PR]
by redoutehugos | 2015-11-20 19:13 | ルドゥーテの魅力とお知らせ | Comments(0)
<< 山梨県立美術館で開催中「花の画... 山梨県立美術館で開催中「花の画... >>