山梨県立美術館で開催中「花の画家 ルドゥーテのバラ」展 見どころ(6)

ボンソワール!

こんばんは。

昨日は空飛ぶカメになって遊んでいた(?)ウーラちゃんですが、

今日は別のキャットタワーのチューブの中でご機嫌です。

e0356356_21392319.jpg

ところで、

「花の画家 ルドゥーテのバラ展」(山梨県立美術館) 2015年11月3日〜2016年1月17日

の見どころは?


「バラ戦争」終結の象徴のバラ


バラの名を冠した戦争と言えば、1455年から30年続いた「バラ戦争」。

ランカスター家とヨーク家がイングランド王位を争いました。

では、なぜこれが「バラ戦争」と呼ばれたのでしょう?
答えは、ランカスター家の紋章が赤いバラ、ヨーク家の紋章が白いバラだったから。


この戦争はランカスター家のヘンリー・チューダーが最終的に勝利し、ヘンリー7世としてチューダー王朝を開き、

ヨーク家のエリザベスを妃として迎えました。


「バラ図譜」には
ロサ・ダマスケーナ・ワリエガータ ‘ヨーク・アンド・ランカスター’ 

というバラがあります。
(展覧会場ではI古代種:ダマスク系 033に分類されています)
赤と白が混じりあった花びらはランカスター家とヨーク家の融合を象徴しているとみなされたんですね。

e0356356_21331432.jpg

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


[PR]
by redoutehugos | 2015-12-01 21:47 | ルドゥーテの魅力とお知らせ | Comments(0)
<< 「花の画家 ルドゥーテのバラ... 空飛ぶカメになったウーラちゃん?!  >>