「バラ図譜」中最も優雅なバラ(?)、ロサ・ケンティフォリア・ブラータ(レタス・ローズ)

ボンジュール!
こんにちは。

ばらのまち福山で開催中の「ルドゥーテのばら」展のチラシから今日は
ロサ・ケンティフォリア・ブラータ(レタス・ローズ)のご紹介です。

e0356356_11100736.jpg

花びらの多いのが特徴のケンティフォリア系のバラですが、
それよりも画面下半分をしめるもっこりと厚みのある葉が印象的ですね。
フランス語名は《ロジエ・ア・フォイユ・ドゥ・レテュ》。
フランス語のレテュはレタス、フォイユは葉ですから、訳すと
「レタス(のような)葉を持つバラ」となります。
確かにまるくこんもりした葉の感じはレタスを連想させます。

ところで、ロサ・ケンティフォリアは花びらが幾重にも重なった形状から
キャベッジ・ローズ(キャベツ・バラ)とも呼ばれます。

このばらキャベツ・バラでありレタス・バラでもあるということになります。
花びらもふくよか、葉もふくよか・・・
もしかしたら「バラ図譜」の中で最も優雅なバラかも知れませんね。

ちなみに、学名の方の「ブラータ」は「ぷくぷくと膨れたとか縮れた」という意味。
ルドゥーテの絵ではそうでもありませんが、もっと縮れた感じの葉になるんでしょうね。

この絵については以前にも《ルドゥーテのバラの庭》のブログに書きました。

e0356356_18465259.jpg

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


[PR]
by redoutehugos | 2016-10-21 11:49 | ルドゥーテの魅力とお知らせ | Comments(0)
<< 黒い鉄のシルエットと同じ背中に... オルウェンくん、ハンモックから... >>