<   2016年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

出窓のウーラちゃん。そして、シャンソン「キリマンジャロの雪」

ボンジュール!
こんにちは。

ノルウェージャンのウーラちゃんは出窓から外を眺めるのが好きです。
ー今日は視線が少し上向きだけど・・・何を見ているんだろう?
故郷のノルウェーのことかな?(もっともウーラちゃんは日本生まれですが)
e0356356_15573673.jpg

いろいろクマさんは想像しています。
そんなクマさんに気づいたのか、こっちを向いたウーラちゃん。

e0356356_16022772.jpg
遠くをながめるウーラちゃんで思い出しました!
あるシャンソンの中の主人公が遠くのキリマンジャロの雪をながめて想うことを歌った
シャンソンです。
前々回に話題にしたアダモの「雪が降る」(トンブ・ラ・ネージュ、Tombe la neige.)
ほど日本ではポピュラーではありませんが、パスカル・ダネルという人の
「キリマンジャロの雪」(レ・ネージュ・デュ・キリマンジャロ、
Les neiges du Kilimanjaro)という1966年にリリースされた曲です。

前半はなんかアニマルズの「朝日のあたる家」のような感じで、後半から
カンツォーネのようになる不思議な歌ですが、迫力はあります。
(あくまでもクマ社長の個人的感想です)
ちなみに作曲もパスカル・ダネル自身です。フランスでは、60年代に最もよく売れた
レコードにひとつで、プラチナディスクも獲得しています。

クマ社長が、ノスタルジックな気持ちで歌詞をカタカナ表記にしてみました。
直訳もつけてみました。
キリマンジャロの雪に抱かれて死ぬことを想う男の歌なんですね!

フランス語特有のRの発音が耳に残るくらい連発されています。
せっかくなのでR行をひらがな表記にしてみました。
たとえば
Kilimanjaro キリマンジャロ→キリマンジャ
dormir ドルミール→ドるミー

このシャンソンはRとLの発音がいかに違うかを知る絶好の教材ですね!




イル・ニ・パ・ボクー・プリュ・ロワン       
Il n'ira pas beaucoup plus loin
彼はもうそんなに遠くには行かないだろう

ラ・ニュイ ヴィヤンド ビヤント            
La・nuit・viendra・bientôt
もうすぐ夜になる

イル・ヴォワ・ラ・バ・ダン・ル・ロワンタン   
Il voit là-bas dans le lointain
彼は遠くに見る

レ・ネージュ・デュ・キリマンジャ       
Les neiges du Kilimanjaro
キリマンジャロの雪を

エル・トゥ・フン・アン・ブラン・マントー  
Elles te feront un blanc manteau
雪は白いマントになってくれるだろう

ウ・テュ・プ・ドルミーる           
Où tu pourras dormir
そこで君が眠れるように

エル・トゥ・フン・アン・ブラン・マントー    
Elles te feront un blanc manteau
雪は白いマントになってくれるだろう


ウ・テュ・プ・ドルミー・ドルミー    
Où tu pourras dormir, dormir, dormir
そこで君が眠れるように、眠れるように、眠れるように

ダン・ソン・デリー・イル・リュイ・ヴィヤン  
Dans son délire il lui revient
混濁した記憶の中でよみがえる

ラ・フィーユ・キル・エメ             
La fille qu'il aimait
彼が愛した女性

イル・サン・ナレ・マン・ダン・ラ・マン      
Ils s'en allaient main dans la main       
ふたりは手に手をとって立ち去る

イル・ラ・ヴォワ・カン・テル・エ       
Il la revoit quand elle riait
彼はふたたび笑顔の彼女をみる

エル・トゥ・フン・アン・ブラン・マントー   
Elles te feront un blanc manteau
雪は白いマントになってくれるだろう

ウ・テュ・プ・ドルミーる           
Où tu pourras dormir
そこで君が眠れるように

エル・トゥ・フン・アン・ブラン・マントー  
Elles te feront un blanc manteau
雪は白いマントになってくれるだろう

ウ・テュ・プ・ドルミー・ドルミー   
Où tu pourras dormir, dormir, dormir
そこで君が眠れるように、眠れるように、眠れるように

ヴォワラ・サン・ドゥット・ア・コワ・イル・パンス  
Voilà sans doute à quoi il pense
これがたぶん今彼が想っていること

イル・ヴァ・ムール・ビヤント                 
Il va mourir bientôt
もうすぐ彼は死ぬだろう

エル・ノン・ジャメ・エテ・スィ・ブランシュ    
Elles n'ont jamais été si blanches
雪がこんなに白かったことはない

レ・ネージュ・デュ・キリマンジャ        
Les neiges du Kilimandjaro
キリマンジャロの雪が

エル・トゥ・フン・アン・ブラン・マントー   
Elles te feront un blanc manteau
雪は白いマントになってくれるだろう

ウ・テュ・プ・ドルミーる        
Où tu pourras dormir
そこで君が眠れるように

エル・トゥ・フン・アン・ブラン・マントー  
Elles te feront un blanc manteau      
雪は白いマントをになってくれるだろう

ウ・テュ・プ・ドルミー・ドルミー・ドルミー
ドルミーる・ビヤントー
Où tu pourras dormir, dormir, dormir, dormir bientôt
もうすぐそこで君が眠れるように、眠れるように、
眠れるように、眠れるように  

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


[PR]
by redoutehugos | 2016-01-31 17:50 | 猫ねこ生活 | Comments(0)

定位置のウーラちゃん

ボンジュール!
こんにちは。

今日の関東平野部では雪は降りませんでしたが、寒いですね!
明日はどうなんでしょう?

幸いノルウェージャンのウーラちゃんにはこれぐらいの寒さはなんでもないようです。
定位置のガルヴァーノ・テクニカのスタッキングチェアの上であっちを向いたり
こっちを見たり・・・退屈なのかな?
ブルー・シルヴァーの毛色のウーラチャンですが、雪の影響(?!)かだいぶ白く毛ぶいているように見えます。

e0356356_17293421.jpg

e0356356_17285141.jpg
e0356356_17292429.jpg

昨日、フランス語で雪は「ネージュ」(neige)だとお話しました。
それで、白雪姫のことは ブランシュ・ネージュ(白+雪 Blanche-Neige)といいます。
英語ではSnow Whiteですから語順が逆です。
ネージュもブランシュも最近ではかなり日本語に溶け込んできているようです。

たとえば、「サントネージュ・ワイン」のサント・ネージュは「聖なる雪」ですが、
山梨のワイナリーからみえる富士山の雪をイメージしているそうです。

「ブル・ド・ネージュ」というバラもあります。
これはboule de neigeですから雪の玉です。
その名の通り、白い花弁がまあるく重なって咲くいわゆるポンポン咲きのバラです。

また、お菓子の世界では「ブル・ド・ネージュ」というとパウダーシュガーをまぶした
丸い形のさくさくクッキーのことですね。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


[PR]
by redoutehugos | 2016-01-30 18:27 | 猫ねこ生活 | Comments(0)

ハンモックからはみでた(?)ウーラちゃん。そしてアダモ「雪が降る」

ボンジュール!
こんにちは。

今日は全国的に雪が降りそうですね。
ノルウェージャンのウーラちゃんは寒さなんかへっちゃら。
お気に入りのハンモックが小さくなって体が半分以上はみだしていますが、
余裕の表情です。

e0356356_12053518.jpg


このところ週末ごとに雪が降る感じですね。
「雪が降る」はフランス語でイル・ネージュといいます。
(Il nège. 英語のIt snows.)
昔、シャンソンの定番でアダモの「雪が降る」という歌がはやりましたが、
原題はトンブ・ラ・ネージュ(Tombe la nège.)
フランス語で「雪」はネージュなんですね。
覚え安いメロディーと歌詞、出だしを下に書いてみました。
なかなか雰囲気のある世界が展開されているんですね。

原詩はカタカナで表記しましたが、たくさん韻をふんでいるのがわかります。
カッコ内に直訳も入れてみました。
そして、安井かずみさんの訳詞を読むと短い言葉での雰囲気のある世界を紡ぎ出して
いるのがよくわかります。

作詞:安井かずみ
雪は降る          トンブ・ラ・ネージュ(雪は降る)
あなたはこない       テュ・ヌ・ヴィエンドラ・パ・ス・ソワール(今宵あなたは来ない)
雪は降る          トンブ・ラ・ネージュ(雪は降る)
重い心に          エ・モン・クール・サビーユ・ド・ノワール (そして、私の心は黒い服をまとう)
むなしい夢         ス・ソワイユー・コルテージュ(この絹のような行列)
白い涙           トゥ・タン・ラルム・ブランシュ(白い涙にくれた)
鳥は遊ぶ          ロワゾー・スュル・ラ・ブランシュ(枝にとまる鳥が)
夜は更ける         プルール・ル・ソルティレージュ(魔法の言葉で鳴く)




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


[PR]
by redoutehugos | 2016-01-29 12:24 | 猫ねこ生活 | Comments(0)

寒波のおかげ?えり巻き毛がますますりっぱになったウーラちゃん!

ボンジュール!
こんにちは。

日本列島を襲った大寒波のせいか、ウーラちゃんのえり巻き毛がますます
りっぱになって、キャット・タワーのトンネルをふさがんばかりの勢いです。
さすがノルウェージャン・フォレスト・キャット。
冬の寒さなんかなんともありません。

e0356356_16251777.jpg

e0356356_16261140.jpg

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ









[PR]
by redoutehugos | 2016-01-28 16:36 | 猫ねこ生活 | Comments(0)

ノルウェージャンのウーラちゃんとカップ咲きのバラ

ボンジュール!
こんにちは。

山梨県立美術館での「花の画家 ルドゥーテのバラ」展が1月17日に終了して
《ルドゥーテのバラの庭》(ウーゴズ)もいつものペースに戻ってきました。

ウーラちゃんはテーブルの上に飾られたカップ咲きのバラに興味津々です。

e0356356_16493966.jpg
でも、やっぱりネコ草の方が気になるかな・・・
e0356356_16564887.jpg
ウーラちゃんの最近お気に入りの場所。
スタッキングチェアーの下に置かれた大皿の中です。

e0356356_16593158.jpg

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


[PR]
by redoutehugos | 2016-01-26 17:01 | ルドゥーテの魅力とお知らせ | Comments(0)

ウーラちゃんの襟巻きがりっぱになってきました。

ボンジュール!
こんにちは。

今日は寒いですね!
ウーラちゃんの襟巻きもだいぶりっぱになってノルウェージャンらしく
なってきました。
今日はすまし顔パチリ!
e0356356_12013711.jpg
山梨県立美術館の「花の画家 ルドゥーテのバラ」展
美術館は今日は休館日ですね。
いよいよ明日から5日間で閉幕です。お見逃しなく!

e0356356_14030023.jpg

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


[PR]
by redoutehugos | 2016-01-12 12:08 | ルドゥーテの魅力とお知らせ | Comments(0)

柳(ロオジエ)の花芽にキスをするウーラちゃん。

ボンジュール!
こんにちは。

ウーラちゃんは最近出窓から外を眺めるのがすっかり好きになりました。
少し大人になって、外の風景が面白くなってきたようです。
でも、その前に柳の枝の花芽にご挨拶のキスをしています。

柳で思い出しましたが、銀座の資生堂ビルにロオジエというという高級フレンチ・レストランがあります。ロオジエはフランス語で柳を意味するオジエ(osier)に定冠詞をつけた表現です。osier → l'osier
カタカナで書くとむしろロオジエというよりはロジエの方が近いかなという気もしますが、ロジエだとバラ(の木)を意味するrosierと混同されるのであえてロオジエと表記しているのかもしれませんね。
ちなみに、バラの木の方は定冠詞をつけるとle rosier(ル・ロジエ)です。

e0356356_15432304.jpg


山梨県立美術館の「花の画家 ルドゥーテのバラ」展(1月17日まで)
明日は休館日。ということは、今日を除くとあと5日だけになってしまいました。
お見逃しなく!

e0356356_15132142.jpg
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ




[PR]
by redoutehugos | 2016-01-11 15:17 | ルドゥーテの魅力とお知らせ | Comments(0)

ウーラちゃんから「明けましておめでとうございます!」

Bonne année! 新年おめでとうございます!

みな様よいお年をお迎えになりましたか?

フランス語の新年の挨拶はBonne année!(良い年を!)です。
発音はボンヌ・アネを続けて 「ボナネ」って感じですね。

ご無沙している間にウーラちゃんはすっかり冬毛になってモフモフです。
さすがノルウェージャン・フォレスト・キャット!
ルドゥーテの「ロサ・ケンティフォリア」を背景に
「今年もよろしくおねがいします!」と言っています。

ところで、《ルドゥーテのバラの庭》を運営するクマ社長のウーゴズが
企画協力した山梨県立美術館の「花の画家 ルドゥーテのバラ展」もとうとう
来週の日曜日(1月17日)までとなりました。

明日(1月10日)午後3時からは、バラの栽培家として著名な後藤みどり
さんの記念講演会「マリー・アントワネットが愛したオールドローズ」
も開催されます。(申し込み不要、聴講無料)

後藤みどりさんはNHK『趣味の園芸』などでもみなさんおなじみだと
思いますが、オールドローズの栽培・普及活動の第一人者でもあります。
バラ好き、ルドゥーテ好きには見逃せない講演会になりそうですね!

e0356356_14012932.jpg
e0356356_14030023.jpg
e0356356_14041975.jpg
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ




[PR]
by redoutehugos | 2016-01-09 14:14 | ルドゥーテの魅力とお知らせ | Comments(0)