<   2016年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ロサ・ケンティフォリアとマリー・アントワネット

ボンジュール!
こんにちは。

ばらのまち福山で開催中の「ルドゥーテのばら」展のちらしの表側のバラは
やっぱりロサ・ケンティフォリアとロサ・スルフレアです。

e0356356_10441505.jpg

ピンクのバラがロサ・ケンティフォリア、黄色のバラがロサ・スルフレア。
どちらもルドゥーテの『バラ図譜』169図の中で最も人気のあるバラたちです。
中でももっとも有名なのはロサ・ケンティフォリア。

e0356356_10445985.jpg
               
以前、ロサ・ケンティフォリアの名前や画面下方の文字の詳しい説明を《ルドゥーテの庭》のブログに書きました。
よろしければご覧ください。

ところで、マリー・アントワネットが彼女の肖像画で手にしているのもこのバラなんですね!
e0356356_10475031.jpg
《(バラを手にした)フランス王妃 マリー・アントワネット》 1783年

ヴェルサイユ宮殿美術館にあるこの肖像画はヴィジェ・ルブランという女性画家によって描かれました。
ヴィジェ・ルブランはこのほかにもマリー・アントワネットの肖像画をたくさん描いています。

10月25日から六本木の森アーツセンターギャラリーではじまるマリー・アントワネット展に出品される
マリー・アントワネットの肖像画にもバラが描かれています。
こちらもヴェルサイユ宮殿美術館所蔵です。
e0356356_11013330.jpg
《(パニエ・ドレスの)フランス王妃マリー・アントワネット》 1785年
 ※パニエはフランス語で「かご」を意味します。
  服飾用語ではかごのように膨らんだ形のペチコートのことです。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


[PR]
by redoutehugos | 2016-10-22 11:46 | バラ日記 バラ色生活  | Comments(0)

黒い鉄のシルエットと同じ背中になったオルウェン君。

ボンジュール!
こんにちは。

出窓で何かを見つけたオルウェンくん。
集中していますね!
気がつけば、背中の曲線が横のスタンドの黒い鉄枠と同じフォルムになって
いました。

e0356356_16114788.jpg
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


[PR]
by redoutehugos | 2016-10-21 16:14 | 猫ねこ生活 | Comments(0)

「バラ図譜」中最も優雅なバラ(?)、ロサ・ケンティフォリア・ブラータ(レタス・ローズ)

ボンジュール!
こんにちは。

ばらのまち福山で開催中の「ルドゥーテのばら」展のチラシから今日は
ロサ・ケンティフォリア・ブラータ(レタス・ローズ)のご紹介です。

e0356356_11100736.jpg

花びらの多いのが特徴のケンティフォリア系のバラですが、
それよりも画面下半分をしめるもっこりと厚みのある葉が印象的ですね。
フランス語名は《ロジエ・ア・フォイユ・ドゥ・レテュ》。
フランス語のレテュはレタス、フォイユは葉ですから、訳すと
「レタス(のような)葉を持つバラ」となります。
確かにまるくこんもりした葉の感じはレタスを連想させます。

ところで、ロサ・ケンティフォリアは花びらが幾重にも重なった形状から
キャベッジ・ローズ(キャベツ・バラ)とも呼ばれます。

このばらキャベツ・バラでありレタス・バラでもあるということになります。
花びらもふくよか、葉もふくよか・・・
もしかしたら「バラ図譜」の中で最も優雅なバラかも知れませんね。

ちなみに、学名の方の「ブラータ」は「ぷくぷくと膨れたとか縮れた」という意味。
ルドゥーテの絵ではそうでもありませんが、もっと縮れた感じの葉になるんでしょうね。

この絵については以前にも《ルドゥーテのバラの庭》のブログに書きました。

e0356356_18465259.jpg

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


[PR]
by redoutehugos | 2016-10-21 11:49 | ルドゥーテの魅力とお知らせ | Comments(0)

オルウェンくん、ハンモックから手をだすのがはやりです。

ボンジュール!
こんにちは。

最近のオルウェンくんはハンモックから手を出すのがはやっているようです。
もしかしてウーラちゃんのマネ?
e0356356_19112321.jpg
e0356356_19101957.jpg

そして、そのまま寝てしまいます・・・
e0356356_19145235.jpg
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ



[PR]
by redoutehugos | 2016-10-20 19:15 | 猫ねこ生活 | Comments(0)

ロサ・カニーナ・ブルボニアーナ(ブルボン・ローズ)のご紹介です。

ボンジュール!
こんにちは。

ばらのまち福山で開催中の《ルドゥーテのばら》展のちらしに掲載された
3つのバラから《ロサ・カニーナ・ブルボニアーナ》のご紹介です。

ラテン語の学名はちょっと長ったらしいのですが、英名では単純にブルボン・ローズ。
覚えやすい!
でもなぜ「ブルボン」?
それは、このバラがインド洋に浮かぶブルボン島というフランスの植民地で発見された
バラの種子から作り出されたバラだからです。

このブルボン島、現在ではレユニオン島と名前が変わってフランスの海外県となっています。
と言われてもピンときませんが、アフリカの東にあるマダガスカルのそのまた東にある島です。

ところで、バラ図譜に書かれたこのバラのフランス語名は《ロジエ・ドゥ・リル・ドゥ・ブルボン》。
訳せば《ブルボン島のバラ》です。
当時の学名ではロサ・カニーナ、すなわちイヌバラの変種とみなされていたようですね

e0356356_18362759.jpg
ロサ・カニーナ・ブルボニアーナ(ブルボン・ローズ)


e0356356_18465259.jpg


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


[PR]
by redoutehugos | 2016-10-20 18:48 | ルドゥーテの魅力とお知らせ | Comments(0)

ルドゥーテの名前がついたバラ(その2) ロサ・レドゥーテア・ルベスケンス

ボンジュール!
こんにちは。

ルドゥーテの「バラ図譜」にはもう1点ルドゥーテの名前がついたバラが含まれています。
「ロサ・レドゥーテア・ルベスケンス」です。
フランス語名は少々長くなりますが、
「ロジエ・ルドゥーテ・ア・ティージュ・エ・ア・エピヌ・ルージュ」。
訳すと「赤い茎ととげのルドゥーテ・バラ」。
色鮮やかな一重の赤い花弁が印象的なバラですが、
茎ととげも赤っぽいのが特徴なんですね。

e0356356_10310012.jpg
ロサ・レドゥーテア・ルベスケンス

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


[PR]
by redoutehugos | 2016-10-19 10:35 | ルドゥーテの魅力とお知らせ | Comments(0)

最近余裕のオルウェンくん。

ボンジュール!
こんにちは。

ウーゴズのオフィスでもあるクマ社長のインテリア・ガーデン。
会長見習いのウーラちゃん専用だったのが、しばらく前にオルウェンくんにも解禁となりました。
最初は文字通り「借りてきた猫」状態だったオルウェンくんですが、最近は余裕の表情でリラックス
しています。

e0356356_18055719.jpg

e0356356_18064234.jpg

e0356356_18070496.jpg
エルダーとも仲良くなったし・・・






♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


[PR]
by redoutehugos | 2016-10-18 18:08 | 猫ねこ生活 | Comments(0)

ルドゥーテの名前がついたバラ(その1) ロサ・レドゥーテア・グラウカ

ボンジュール!
こんにちは。

現在、ばらのまち福山で開催中の「ルドゥーテのばら」展のチラシには「バラ図譜」の
バラの絵が3点紹介されています(リース以外)。
①ロサ・ケンティフォリア・ブラータ
②ロサ・カニーナ・ブルボニアーナ
③ロサ・レドゥーテア・グラウカ

3点横に並んだバラのうち、右側のバラの名前は「ロサ・レドゥーテア・グラウカ」。
ルドゥーテの名前にちなんでつけられたものです。
レドゥーテアとルドゥーテで少し違いますが、これはラテン語(学名)と
フランス語の違いです。
ちなみにロサ・レドゥーテア・グラウカのフランス語名は
ロジエ・ルドゥーテ・ア・フォイユ・グラウクとなっています。
意味は「灰緑色の葉をもつルドゥーテ・バラ」です。
たしかに葉っぱがうすーく灰色っぽいですね!

ルドゥーテの「バラ図譜」には、もう1点ルドゥーテの名前を冠したバラが含まれて
います。そちらは次回ご紹介します。
e0356356_17390109.jpg
e0356356_17350232.jpg
ロサ・レドゥーテア・グラウカ


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


[PR]
by redoutehugos | 2016-10-18 17:50 | ルドゥーテの魅力とお知らせ | Comments(0)

月とオルウェンくん。

ボンジュール!
こんにちは。

月とオルウェンくん。
オルウェンくんもだいぶ大きくなってハンモックからはみ出す
ようになりました。

e0356356_19054403.jpg

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


[PR]
by redoutehugos | 2016-10-17 19:07 | 猫ねこ生活 | Comments(0)

NHK朝のテレビ小説 「べっぴんさん」主人公すみれの部屋にルドゥーテのバラの絵が!

ボンジュール!
こんにちは。

NHK朝ドラ「べっぴんさん」の主人公すみれは子供の頃からの花の刺繍
をするのが大好き。
そんな彼女の部屋にはルドゥーテの絵が2点掛かっていました!
1点はロサ・インディカ・ウルガーリス(赤いバラ)
もう1点はロサ・スルフレア(黄色のバラ)のようですね。

e0356356_19490526.jpg

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ



[PR]
by redoutehugos | 2016-10-16 19:52 | ルドゥーテの魅力とお知らせ | Comments(0)