ルドゥーテ 『バラ図譜』各絵柄の下の方にある飾り文字の意味は?

《ルドゥーテのバラの庭》からこんにちは!
Bonjour du Jardin des roses de Redouté!

ボンジュール!
今日はルドゥーテの『バラ図譜』の各絵柄の下の方で気がつけば
意外に存在感のある飾り文字についてご説明します。


では『バラのリース』に続く、
『バラ図譜』の最初の作品『ロサ・ケンティフォリア』(下図)
を例に見ていきましょう。

e0356356_10455149.jpg























向かって左側とげとげの茎のすぐ横に見えるRが大きな文字が
このバラのラテン語名(学名)
Rosa centifolia ロサ・ケンティフォリア

右側がRosier à cent feuilles (ロジエ・ア・サン・フォイユ)
これは当時のこのバラのフランス語名(俗名)です。
Rosierはバラ(の木)
cent(サン)は100
feuillesは通常は「葉」を意味しますがこの場合は花びらのようですね。
直訳すると「100枚の花びらを持つバラ」

画面左下の小さな文字は
P. J. Redouté pinx
pinxというのはラテン語のpinxitの縮約形で『描いた』と言う意味です。

真ん中下の文字は
imprimerie de Rémond
imprimerie はフランス語で印刷あるいは「刷ったもの」ですね。
Rémondは人名で読みはレモン。

そして右下は
Couten Sculp. 
Coutenは人名で読みはクゥタン。SculpはSculpture(彫刻、彫版)の略。

以上を日本語にするとこんな感じになります。

(ラテン語名)ロサ・ケンティフォリア   (フランス語名)ロジエ・ア・サン・フォイユ
 画:P. J. ルドゥーテ、      刷り:レモン    彫版:クゥタン  

ちなみに、フランス語のrose(読みはローズ)はバラ(の花)でRosier(ロジエ)は
バラ(の木)です。





[PR]
# by redoutehugos | 2015-08-16 18:53 | ルドゥーテの魅力とお知らせ | Comments(0)

クマさんの仲間たち(12) 続、飛び入りの仲間・・・バッタちゃん?

《ルドゥーテのバラの庭》からこんにちは!
Bonjour du Jardin des roses de Redouté!

8月12日お昼前、ウーゴズの玄関にバッタが鎮座していました。
連日の暑さのせいか息も絶え絶えです。
バッタも暑さにやられたかな?
自力では動けなさそうです。
とにかく涼しいところに避難させようと、出窓のグリーンカーテン
の鉢に連れていきました。
壁に手をついて必死でこらえているようでけなげです。

ショウリョウバッタ(精霊バッタ)に似ているけど・・・
もしそうだとすると、お盆になると姿をあらわすという言い伝え
通りですね。
ご先祖様のお使いでしょうか?

e0356356_12230257.jpg



[PR]
# by redoutehugos | 2015-08-16 12:24 | 猫ねこ生活 | Comments(0)

ルドゥーテの《バラ図譜》 フォリオ判とオクタヴォ判って?

《ルドゥーテのバラの庭》からこんにちは!
Bonjour du Jardin des roses de Redouté!


フォリオ判とかオクタヴォ判って?


今日はルドゥーテの『バラ図譜』についての話題です。


ルドゥーテの『バラ図譜』についてよく出てくる言葉にフォリオ判とかオクタヴォ判と言う言葉があります。

なんだか紛らわしい気がしますが、どんな意味なんでしょう・・・


ルドゥーテの「バラ図譜 』には2種類の大きさがあります。大きいのがフォリオ判、小さいのがオクタヴォ判です。


通常、美術館などの展覧会で展示されているのは大型のフォリオ判です。


フォリオ判は全紙サイズの紙を二つに折った大きさ(折数は1回)、オクタヴォ判は全紙を八つに折った(折数は3回)大きさのものです。


『バラ図譜』は最初大型のフォリオ版で出版され高評価を得ましたが、値段が高く王侯貴族しか購入できませんでした。そこで、ルドゥーテはより手軽に購入できる小型のオクタヴォ判を出版したのです。オクタヴォ判は好評を博し1824年、1828-30年、1835年の少なくとも3回出版されました。


しかし、オクタヴォ判の2版、3版は『バラ図譜』の最大の特長であるスティップル・エングレーヴィング(点刻彫版法)による繊細な「点の集積」による表現が省略されており、美的価値はかなり劣ると言われています。


ところで、オクタヴォ判はフォリオ判をそのまま縮小したものというわけではありません。ルドゥーテは小さい画面に応じて微妙に構図を変えたり、蕾や葉の数を減らしたりと様々な工夫を凝らしています。


違いの最も顕著な例は、黄色のバラ「ロサ・スルフレア」です。

フォリオ判ではバラの花が左向きなのに対してオクタヴォ判では右向きです。

一瞬、「逆版?」かと思ってしまいますね。


e0356356_18211069.jpg












小さいオクタヴォ判         大きいフォリオ判






[PR]
# by redoutehugos | 2015-08-15 18:22 | ルドゥーテの魅力とお知らせ | Comments(0)

ぼくはくま・・・(歌詞)

《ルドゥーテのバラの庭》からこんにちは!
Bonjour du Jardin des roses de Redouté!

ご要望により昨日ご紹介した宇多田ヒカルさんの《ぼくはくま》
の全歌詞をご紹介させていただきます。

作詞・作曲 宇多田ヒカル
唄 宇多田ヒカル



ぼくはくま くま くま くま
車じゃないよ くま くま くま
歩けないけど踊れるよ
しゃべれないけど歌えるよ
ぼくはくま くま くま くま

ぼくはくま くま くま くま
けんかはやだよ くま くま くま
ライバルは海老フライだよ
ゼンセはきっとチョコレート
ぼくはくま くま くま

Bonjour! ボンジュール
Je m'appelle Kuma  ジュ・マペル・クマ
Comment ça va?  コマ(モ)ン・サ・ヴァ?

ぼくはくま くま くま くま
冬は眠いよ くま くま くま
夜は「おやすみ、まくらさん」
朝は「おはよう、まくらさん」
ぼくはくま くま くま くま

夜は「おやすみ、まくらさん」
朝は「おはよう、まくらさん」
ぼくはくま 九九 くま
ママ くま くま



[PR]
# by redoutehugos | 2015-08-15 17:53 | 猫ねこ生活 | Comments(0)

ぼくはくま・・・

ルドゥーテのバラの庭からこんにちは! (クマさんより)
Bonjour du Jardin des roses de Redouté!
(de la part de Monsieur l'Ours "Kuma")

クマさんを名乗っているとつい思い出す歌があります。
宇多田ヒカルさんの『ぼくはくま』
いつ頃流行ったかなと思って調べて見たら
2006年の11月22日発売なんですね!
なんと私の誕生日と同じです!
やっぱり『ぼくはくま』なんだとしみじみ納得しましした。

歌詞のまんなか辺に少しフランス語があります。

Bonjour! Je m'appelle Kuma. Comment ça va?
ボンジュール! ジュマペル・クマ。 コマン・サヴァ?
こんにちは。ぼくはくま。元気?

これって私のブログの挨拶と似ている。やっぱりぼくはくまか・・・



https://youtu.be/KXcZUDZOLg4


[PR]
# by redoutehugos | 2015-08-14 18:59 | 猫ねこ生活 | Comments(0)