タグ:キュビスム ( 2 ) タグの人気記事

第43回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門講座』》 20世紀最大の巨匠ピカソ(その3) キュビスムを徹底的に理解する!

第43回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門講座』》
20世紀最大の巨匠ピカソ(その3)
キュビスムを徹底的に理解する!

前回《ピカソ(その2)》の講座内容が、プロトマニアのHPで楽しく紹介されています。
よろしければご覧下さい。



次回はいよいよキュビスムの徹底理解に挑戦です!

前回はキュビスムという名称の発生についてお話しました。
もともとフランス語のキュブ(cube 立方体)という言葉から派生した呼び方で、日本語では「立体派」と訳されることが多いのですが、この立方体とか立体という言葉に惑わされて、キュビスムが大変理解しにくいことになっています。

立体派というと、なんとなく対象を立体、要は箱形として把握し表現するものの見方かな?・・・あるいは対象の立体性(三次元性)にこだわった見方なのかな?という気がしてしまいますね!

たしかに、ごく初期のキュビスム絵画は対象を単純な箱形に還元しているような表現が特徴的ですが、むしろその後の展開の方がキュビスム絵画の真骨頂であり、その表現は立体的というよりむしろ平面的ではないのかという気すらしてきます。

また、ピカソのキュビスムは大きく分析的キュビスムと総合的キュビスムという時代区分がなされますが、分析的キュビスムというくくりの作品にもかなりの変化が認められます。また分析的キュビスムと総合的キュビスムって何が違うの?という疑問もわいてきますね。

次回はキュビスムの個々の作品を年代順に詳しくみることによって、キュビスムというものの見方についての理解を深め、これらの疑問を一掃したいと思います。

e0356356_14105472.jpg
トルトーサのレンガ工場  1909年

e0356356_14114330.jpg
梨のある婦人像  1909年

e0356356_14114803.jpg
カーンワイラーの肖像 1910年

e0356356_14125340.jpg
壁に掛けられたヴァイオリン  1913年

****************************************************

※ この講座は絵の知識を競うものではありません。絵を見る力を養うための講座です。
※ いわゆる美術史の流れを知らなくても、その場で向き合った絵をどう感じたかどう見るか、
そしてそれをどう自分の言葉にするかを「わいわいがやがや」 の寺子屋スタイルで学びます。
※ お気軽にご参加ください。

***************************************************
講師:  中尾陽一
日程 : 2017年 11月26日(日) 13:00 —15:30
参加費: 4000円
場所 : プロトマニア https://protomania3.wordpress.com
    [東京メトロ九段下駅 3b 出口(北の丸スクエア)より徒歩2分]
     〒102-0073 東京都千代田区九段北1-12-5 市田ビル6F

予約・お問合せ : お名前と日中のご連絡先を添えてメールまたはお電話でお申込みください。
  e-mail: yoyoa@mac.com
phone: 090-2469-4450(荒川陽子)

※メールでお申し込みいただきましたら確認の返信メールを送ら せていただきます。
※プロトマニアから返信メールが届かない場合は、大変恐れ入りますがお電話でお問合せください。
*****************************************************

e0356356_11251498.jpg

★いつもご覧いただきありがとう
ございます★
ブログランキングに参加していま
す。
よろしければぜひ、いずれかおひ
とつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ




[PR]
by redoutehugos | 2017-11-13 14:21 | アートの楽しみ | Comments(0)

第42回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門項講座』》 20世紀最大の巨匠 ピカソ(その2) ピカソとキュビスム

第42回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門項講座』》
         20世紀最大の巨匠 ピカソ(その2)

ピカソとキュビスム

前回《ピカソ(その1)》の講座内容が、プロトマニアのFBで、ライブ感たっぷりに楽しく紹介されています。どうぞご覧下さい。


この秋、プロトマニアの絵画鑑賞講座のテーマは「ピカソがわかれば、絵画がわかる!」です。


ピカソを理解することで、近代〜現代の一見わけのわからない絵を前にしても動じない、正当な絵画鑑賞力を身につけようという大変欲張ったことを目指します。


ピカソの絵については、初期の「青の時代」や「バラ色の時代」をのぞけば、なにが描いてあるのかわからない、何を描きたかったのかわからない、だから感情移入なんてできない、好きか嫌いかと聞かれれば好きではない・・・という方が多いようです。


前回の講座では、ピカソの傑作の最右翼でキュビスムの先がけとなったと言われる「アヴィニョンの娘たち」を中心にピカソの絵画を鑑賞しました。


通常この絵は「裸婦の美しさや魅力を無視して、裸婦を醜く描いた絵画」としても有名ですが、参加者のSさんからは、そんなことはない、この絵の裸婦表現に女性の肉体美を感じるとの発言がありました。描かれている裸婦の形は単純化され、平面化され、デフォルメされて、一見ごつごつした印象です。しかし、ここの裸婦をじっと見つめていると、確かにSさんが言うように、裸婦の単純化された形や強調された線、微妙に色合いを変化させた色面に女性美が最高に抽象されているという気がしてきます。Sさんの発言から、先入観をすてて絵と対峙することの重要さを痛感しました!


さて、次回は「アヴィニョンの娘たち」からさらに進んで20世紀絵画の革新ともなったピカソの《キュビスム》絵画の理解と鑑賞に挑戦です!


ピカソの作品が訳の分からない絵画の代表格のように言われるのは多分にこの《キュビスム》(立体派)絵画のせいです。《キュビスム》についてはさまざまな美術の本で説明がなされています。私たちはそれを読んで、「あっ、複数の視点の導入か!」とか「なるほど、遠近法による虚構の放棄か!」とか、「記憶による形態の把握か」など、なんとなくわかったような気になっています。でも、実際にピカソの絵をみながらキュビスム絵画について考えたり、どう感じるかなどを話し合う機会はほとんどないと思います。次回はこの講座ならではの試みとして、参加者全員で一見とっつきにく感のあるキュビスム絵画をとことん掘り下げて見ましょう!


e0356356_11560000.jpg
アヴィニョンの娘たち  1907年

e0356356_11560962.jpg
マンドリンを弾く少女  1909-1910年

e0356356_11561870.jpg
ヴァイオリンと葡萄  1912年

e0356356_15521508.jpg
1913 壁に掛けられたヴァイオリン



****************************************************

※ この講座は絵の知識を競うものではありません。絵を見る力を養うための講座です。
※ いわゆる美術史の流れを知らなくても、その場で向き合った絵をどう感じたかどう見るか、
そしてそれをどう自分の言葉にするかを「わいわいがやがや」 の寺子屋スタイルで学びます。
※ お気軽にご参加ください。

***************************************************
講師:  中尾陽一
日程 : 2017年 10月22日(日) 13:00 —15:30
参加費: 4000円
場所 : プロトマニア https://protomania3.wordpress.com
    [東京メトロ九段下駅 3b 出口(北の丸スクエア)より徒歩2分]
     〒102-0073 東京都千代田区九段北1-12-5 市田ビル6F

予約・お問合せ : お名前と日中のご連絡先を添えてメールまたはお電話でお申込みください。
  e-mail: yoyoa@mac.com
phone: 090-2469-4450(荒川陽子)

※メールでお申し込みいただきましたら確認の返信メールを送ら せていただきます。
※プロトマニアから返信メールが届かない場合は、大変恐れ入りますがお電話でお問合せください。
*****************************************************

e0356356_11251498.jpg

★いつもご覧いただきありがとう
ございます★
ブログランキングに参加していま
す。
よろしければぜひ、いずれかおひ
とつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ



[PR]
by redoutehugos | 2017-10-09 16:03 | アートの楽しみ | Comments(0)