タグ:ブルボン・ローズ ( 1 ) タグの人気記事

ロサ・カニーナ・ブルボニアーナ(ブルボン・ローズ)のご紹介です。

ボンジュール!
こんにちは。

ばらのまち福山で開催中の《ルドゥーテのばら》展のちらしに掲載された
3つのバラから《ロサ・カニーナ・ブルボニアーナ》のご紹介です。

ラテン語の学名はちょっと長ったらしいのですが、英名では単純にブルボン・ローズ。
覚えやすい!
でもなぜ「ブルボン」?
それは、このバラがインド洋に浮かぶブルボン島というフランスの植民地で発見された
バラの種子から作り出されたバラだからです。

このブルボン島、現在ではレユニオン島と名前が変わってフランスの海外県となっています。
と言われてもピンときませんが、アフリカの東にあるマダガスカルのそのまた東にある島です。

ところで、バラ図譜に書かれたこのバラのフランス語名は《ロジエ・ドゥ・リル・ドゥ・ブルボン》。
訳せば《ブルボン島のバラ》です。
当時の学名ではロサ・カニーナ、すなわちイヌバラの変種とみなされていたようですね

e0356356_18362759.jpg
ロサ・カニーナ・ブルボニアーナ(ブルボン・ローズ)


e0356356_18465259.jpg


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


[PR]
by redoutehugos | 2016-10-20 18:48 | ルドゥーテの魅力とお知らせ | Comments(0)