タグ:マティス ( 4 ) タグの人気記事

第45回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門講座』》新春特別企画 『伊藤若冲』

ボンジュール!
こんにちは。

新春、1月28日(日)のプロトマニア・アート・レクチャーのご案内です。

第45回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門講座』》

      Ⅰ部  伊藤若冲
      Ⅱ部  参加者リクエスト作品について語り合いましょう!
          マティス、ゴッホ

みなさん、明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします!

前回のダ・ヴィンチ《サルヴァトール・ムンディ》とワイエスの様子が、プロトマニアのHPで楽しく紹介されています。

この講座も今年の3月にはまる5年目にはいります。本当に早いですね!
これまで44回の講座の中でたくさんの画家をとりあげてきましたが、それでもまだまだ取り上げていない画家は数えきれません。これからが佳境という感じでしょうか。

まず、今年最初にとりあげるのは前々からリクエストのあった『伊藤若冲』です。
絢爛豪華な作風でお正月の講座にぴったりですね!

若冲と言えば、一昨年に東京都美術館で開催された展覧会を思い出します。入館まで3時間、4時間待ちは当たり前。ちょっとした社会現象になった感じでしたが、三十幅の《動植綵絵》は驚異の別世界でした。この《動植綵絵》が今年の9月にはパリのプティ・パレでお披露目されるそうです。日本と同じようにフランスでも若冲ブームとなるのでしょうか?フランスでの若冲の知名度は、例えば『北斎』に比べたらほぼゼロに等しいと思います。それだけにもしかしたら、若冲ワールドはすごいインパクトかもしれません。洗練されたフランス人の目に若冲がどう映るのか見物です。

ところで、今や日本画史上最も人気の高い画家となった感すらある若冲ですが、実は明治以降、一般には忘れ去られていた時期がありました。それはなぜか?そこに若冲芸術を理解する鍵があります。その鍵をみつけて、みなさんと若冲ワールドを旅したいと思います。

そして、後半は皆さんに選んでいただいたマティスの《赤いアトリエ》とゴッホの《夜のカフェテラス》をとりあげます。マティスもゴッホも以前にとりあげた画家です。みなさんの見方がその時と比べてどうなったのかも興味深いところですね。

この講座は美術史の流れ沿って進行していません。
一話完結型ドラマと同じですので、単独でも連続でもどこからでもご自由に参加していただけます。
始めての方大歓迎です。新しい年にみんなで楽しく絵画鑑賞を始めてみませんか?

e0356356_17285089.jpg
伊藤若冲《動植綵絵》から《群鶏図》

e0356356_17182346.jpg
伊藤若冲《動植綵絵》から《群鶏図》

e0356356_17201681.jpg
マティス 『赤いアトリエ』

e0356356_17210850.jpg
ゴッホ 『夜のカフェテラス』

****************************************************

※ この講座は絵の知識を競うものではありません。絵を見る力を養うための講座です。
※ いわゆる美術史の流れを知らなくても、その場で向き合った絵をどう感じたかどう見るか、
  そしてそれをどう自分の言葉にするかを「わいわいがやがや」 の寺子屋スタイルで学びます。
※ お気軽にご参加ください。

***************************************************
講師:  中尾陽一
日程 : 2018年 1月28日(日) 13:00 —15:30
参加費: 4000円
場所 : プロトマニア https://protomania3.wordpress.com
    [東京メトロ九段下駅 3b 出口(北の丸スクエア)より徒歩2分]
     〒102-0073 東京都千代田区九段北1-12-5 市田ビル6F

予約・お問合せ : お名前と日中のご連絡先を添えてメールまたはお電話でお申込みください。
  e-mail: yoyoa@mac.com phone: 090-2469-4450(荒川陽子)

※メールでお申し込みいただきましたら確認の返信メールを送ら せていただきます。
※プロトマニアから返信メールが届かない場合は、大変恐れ入りますがお電話でお問合せください。
*****************************************************

e0356356_11251498.jpg

★いつもご覧いただきありがとう
ございます★
ブログランキングに参加していま
す。
よろしければぜひ、いずれかおひ
とつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ




[PR]
by redoutehugos | 2018-01-11 17:38 | アートの楽しみ | Comments(0)

巨匠の《バラの絵》シリーズ: ドラン 《黒の背景の薔薇》

ボンジュール!
こんにちは。

巨匠の《バラの絵》シリーズ。
今日はアンドレ・ドランのバラの絵です。
ドランはマティスやヴラマンとともにフォーヴの主要画家として有名ですが、
この絵はずっとあとの時代の作品です。

ちなみにフォーヴの時代というのは1904年から1906年くらいまでのごく短い
期間のことです。

e0356356_16332703.jpg


アンドレ・ドラン (1880 -1954)

黒い背景の薔薇
油彩/カンヴァス 73 x 60 cm 1932年
オランジュリー美術館蔵

かなり謎めいたバラの絵です。
漆黒の闇を背景に鮮やかな色彩で描かれた花がくっきりと浮かびあがっています。
一見、花々は宙に浮いているようですが、画面中央下方に点々と置かれたハイライト
をたどると黒い花瓶が現れてきます。

黒い背景と物の形に沿った光玉の技法は17世紀オランダの静物画を彷彿とさせますが、
この作品でのハイライトは、漆黒の闇の神秘的な世界と現実世界との接点として、
より神秘的な役割をになっているようにも見えます。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


[PR]
by redoutehugos | 2016-03-15 16:34 | アートの楽しみ | Comments(0)

巨匠の《バラの絵》シリーズ: マティス《黄色いバラとインコの鳥籠》

ボンジュール!
こんにちは。

今日の巨匠のバラはアンリ・マティスの黄色いバラです。

e0356356_15011881.jpg



アンリ・マティス
黄色いバラとインコの鳥籠  Yellow Roses with Cage of Parakeets
油彩/カンヴァス 60.33 x 73.03 cm 1924

コロンバス美術館 アメリカ

1917年以降ニースに移り住んだマティスは、アンティーム(親密)な雰囲気の室内画を数多く描いています。この絵もその中の一枚です。

「人々の心を癒す肘掛け椅子のような絵を描きたい」というマティスの言葉が思いだされるあたたかく落ち着いた絵ですね。。

黄色のテーブルクロスの上には黄色のレモン、黄色のコーヒーカップ、スプーンは金色、そして本命の黄色いバラとそれを仲良くみている2羽の黄緑色のインコ。黄色づくしの中での微妙な色調の変化とそれぞれのモチーフを特徴づける形のバランスが見事です。

ちなみに、マティスは鳥が大好きで、多いときは300羽以上も飼っていたそうです。

e0356356_15040015.jpg
自宅でのマティス 1943年頃

e0356356_15045683.jpg
鳥籠の横で彫塑するマティス 1934年 by Brassaï


e0356356_15064896.jpg
マティスの肖像、ヴァンス  1944年 by Henri Cartier-Bresson


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


[PR]
by redoutehugos | 2016-03-11 15:10 | バラ日記 バラ色生活  | Comments(0)

第23回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門講座』》のご案内

3月27日(日)のプロトマニア・アートレクチャーのご案内です。
第23回 《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門講座』》
        近代絵画の父、ポール・セザンヌ (2)

前回はセザンヌの「すごさ—革新性」について皆さんと考え議論しました。
「自然を円筒・球・円錐によって扱う」という彼の有名なことばの解釈についても、参加者の方から、これは従来よく言われてきたセザンヌの形についての考えではなく、むしろ(立体を意識した)色の扱いについての考えを述べたものだと指摘している本の紹介があったりして、議論に拍車がかかりました。

 私自身には、皆さんの質問にお答えする中で、色彩の革新に重きをおいた印象主義の洗礼をうけながらも「(モネのように)形をすてずに、色も活かそう」とした点においてセザンヌはドガと共通しているという新たな気づきがあり、その瞬間、セザンヌの「印象派の世界から美術館の作品のような堅固なものを創り出す」という言葉が思いだされました。これぞ、寺子屋流プロトマニアのアート・レクチャーの醍醐味だと痛感しました。

 前置きが長くなりましたが、次回はセザンヌの作品を《感じる→分析する→理解する→想像する》の循環の中からセザンヌの「すごさと魅力」をトータルで把握するとともに、後世への影響、「近代絵画の父、20世紀美術の父」と言われる由縁を探ります。具体的にはセザンヌ→ナビ派、セザンヌ→ピカソ、セザンヌ→マティスという流れが具体的な作品のどこに見えるのかを確認して行きます。
 そして、セザンヌ鑑賞の仕上げに、彼が1890年代に描いた《カード遊びをする人々》の5枚の連作を比較検討します。これらの連作のうち4枚はそれぞれオルセー、メトロポリタン、コートールド、バーンズ財団の所蔵ですが、最後の個人蔵の1枚が2011年に2億5千万ドル(以上?)でギリシャの富豪からカタール王室に売却されたことでも話題になりました。
 時間が許せば、セザンヌの影響が顕著な日本のすばらしい画家をご紹介したいと思います。 
 その画家が誰かはお楽しみに!

e0356356_18405145.jpg
赤いチョッキの少年 1894-95年
e0356356_18424544.jpg
オーヴェールの眺め 1873-75年



e0356356_18400148.jpg
果物入れ、グラス、林檎のある静物 1879-80年頃


e0356356_18462602.jpg
サント=ヴィクトワール山と大きな松の木 1885-87年
e0356356_18492377.jpg
キューピッドのある静物 1895年頃

e0356356_19061304.jpg
カード遊びをする人々 1890-92年頃


****************************************************************************
※ この講座は絵の知識を競うものではありません。絵を見る力を養うための講座です。
※ いわゆる美術史の流れを知らなくても、その場で向き合った絵をどう見るか、そしてそれをどう自分の言葉にするかを「わいわいがやがや」の寺子屋スタイルで学びます。
お気軽にご参加ください。
****************************************************************************
講師: 中尾陽一
日程 : 2016年 3月27日(日) 13:00 —15:30
参加費: 4000円
場所 : プロトマニア https://protomania3.wordpress.com
     東京メトロ九段下駅 3b 出口(北の丸スクエア)
     より徒歩2分
〒102-0073 
東京都千代田区九段北1-12-5 市田ビル6F
予約・お問合せ : お名前と日中のご連絡先を添えてメールまたはお電話でお申込みください。
    e-mail: yoyoa@mac.com
   phone: 090-2469-4450(荒川陽子)
          
* メールでお申し込みいただきましたら確認の返信メールを送らせ
ていただきます。
プロトマニアから返信メールが届かない場合は、大変恐れ入りま
すが電話でお問合せください。
****************************************************************************
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ



[PR]
by redoutehugos | 2016-03-08 18:56 | アートの楽しみ | Comments(0)