世界最古のバラ園、ライ・レ・ローズをつくった人と印象派の画家カイユボット!?

ボンジュール!
こんにちは。

ジュール・グラブロー氏(1844-1916)。
前回ご紹介した世界最古のバラ園、ライ・レ・ローズ。 →前回記事はコチラ
パリの有名百貨店ボンマルシェを早期退職してライ村で家族とともに田舎暮らし
を始めたジュール・グラブロー氏、彼はジョゼフィーヌの死後荒廃して大部分が消失した
マルメゾンのバラの再興を目指しました。

で、どんな風貌の人だったんでしょう?
そんな疑問に答えてくれる絵がありました。
白髪に立派な白い髭をたくわえた紳士だったんですね。
e0356356_13301384.jpg
                    レ村のバラ園にいるジュール・グラブロー 1900年
ポール・ルヌアール作
                    油彩 H. 1,29 ; L. 1,745

余談ですが、クマさんは
この絵の奥から両手にジョウロ(?)を下げてこちらに向かって歩いてくる庭師の姿が気になりました。
どこかで見たような・・・・
確か印象派の仲間カイユボットの絵・・・
パリ郊外イエール(Yerres)にあったカイユボット家の広大な所有地の中の
菜園風景のどれかだったような気がします。
あっ、ありました。
e0356356_13560112.jpeg
左奥からこちらに向かってくる人。
こちらは両手に明らかにジョウロをさげていますね。
画面中央の人は両手にジョウロをもって水やりをしています。
レ村でもイエールでも庭師にとって両手で水やりが基本だったんですね!

ところでウーラちゃんは?
今日は休日、ウーゴズにやってはきましたが
出窓でまったりしています。

e0356356_14134252.jpg
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ




[PR]
by redoutehugos | 2015-09-21 14:17 | バラ日記 バラ色生活  | Comments(0)
<< 第17回《〜これまで誰も教えて... 世界最古のバラ園 ライ・レ・ローズ  >>