巨匠の《バラの絵》シリーズ: マネ 《花瓶のモス・ローズ》

ボンソワール!
こんばんは。

巨匠の《バラの絵》シリーズ。
三菱一号館での《奇跡のクラーク・コレクション》展つながりで、
マネの再登場です。

e0356356_20164749.jpg

エドゥアール・マネ(1832-1883)
花瓶のモス・ローズ
油彩/カンヴァス 55.9 x 34.6 cm 1882年
クラーク・アート・インスティテュート蔵 アメリカ

2013年に三菱一号館で開催された「奇跡のクラーク・コレクション」展でファンタン=ラトゥールと同じじ部屋にあったマネのバラの絵です。

ファンタン=ラトゥールはマネを大変尊敬していて《マネ礼讃》の集団肖像画とも言える《バティニョールのアトリエ》を描いているくらいですが、マネとファンタン=ラトゥールではバラのとらえ方が全く違っていますね。

ファンタン=ラトゥールがバラの花びら一枚一枚の形にこだわって描写し、結果としてバラの花のふっくらとしたかたまりを表現しているのに対し、マネはバラの花びらではなく、まずは花をかたまりとしてとらえて、花びらは大胆なタッチで暗示しています。
また、背景の色もファンタン=ラトゥールのどこか土を感じさせる暖かみのある色合いなのに対してマネのグレイは非常にダンディでモダンでちょっと冷たい感じです。
どちらのバラにもそれぞれの画家の特徴がよく表れていて面白いですね。



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ



[PR]
by redoutehugos | 2016-03-07 20:21 | バラ日記 バラ色生活 
<< 巨匠のバラの絵シリーズ:アンリ... 大皿に鎮座するウーラちゃん! >>