人気ブログランキング |

巨匠が描いた《バラの絵》シリーズ:エドワード・バーン=ジョンズ、ウィリアム・モリス《薔薇物語》

ボンソワール!
こんばんは。

巨匠の《バラの絵》シリーズ。

今日はラファエル前派第二世代。バーン=ジョーンズとウィリアム・モリスが共同して手がけた
モリス商会製作のタピストリー《薔薇物語》(The Romance of the Rose)です。

このタペストリーはクマ社長が駆け出しの展覧会プロデューサーだった頃に担当した
《ラファエル前派とオックスフォード》という展覧会に出展されていました。

e0356356_17362031.jpg

薔薇物語
エドワード・コリー・バーン=ジョーンズ、
ウィリアム・モリス

羊毛製タピストリー 135 x 176 cm 1890年頃
ローズ・ハウス(Rhodes House)蔵  オックスフォード イギリス

13世紀フランスの詩を14世紀にジェフリー・チョーサーが英訳した『薔薇物語』の一場面。
愛の園で薔薇の魂(乙女)に恋をする詩人の姿が造形化されています。

モリス商会が製作したタペストリーですが、バーン=ジョンズが全体の構成を受け持ち、
モリスが細部の装飾的なデザイン、特に花のデザインを手がけました。
擬人化された薔薇の魂はモリスの趣味。モダン・ファンタジーの父の面目躍如ですね。

e0356356_17363624.jpg

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


by redoutehugos | 2016-03-14 17:40 | アートの楽しみ
<< ホワイトデーのバラとウーラちゃん! ホワイトデーのバラとウーラちゃん。 >>