人気ブログランキング |

ひろしま美術館、ルドゥーテの「美花選」展より、《パンジーのブーケ》(2)

ボンジュール!
こんにちは。

前回の続きですが、パンジー(英語、pansy)はもともとフランス語名のパンセ
(pensé, もの想い、思索)が由来ですが、その理由は・・・?

はい、答えは、パンジーの花のうつむき加減なところが物想いに耽る人の様子に
似ているからなんですね。

パンジーを蝶に見立てて「遊蝶花」と呼んでみたり、物思いに耽る人の
顔を想像したり、人の想像力って楽しいですね!

そう言えば、スイスの絵本作家クライドルフの代表作《花を棲み家に(春の使い)》
にもこんな絵がありました。

ひろしま美術館、ルドゥーテの「美花選」展より、《パンジーのブーケ》(2)_e0356356_12251533.jpg

※ルドゥーテの《パンジーのブーケ》の複製画はコチラでご覧いただけます。

*****************************************************
e0356356_11251498.jpg

★いつもご覧いただきありがとう
ございます★
ブログランキングに参加していま
す。
よろしければぜひ、いずれかおひ
とつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ




by redoutehugos | 2017-01-15 12:29
<< 《ベストシーズンのフランス庭園... ひろしま美術館、ルドゥーテの「... >>