人気ブログランキング |

<   2016年 03月 ( 49 )   > この月の画像一覧

アルマ・タデマの裸婦の秀作 《テピダリウム》

ル・ボンジュール!
またまた、こんにちは。

バラの絵ではありませんが、せっかくですから、《英国の夢 ラファエル前派展》
に出展されているアルマ=タデマの《テピダリウム》の絵柄もご紹介しておきます。

e0356356_18100645.jpg


ローレンス・アルマ=タデマ
《テピダリウム》
油彩/パネル 24 x 33 cm 1881年
レディ・リーヴァー・アート・ギャラリー(リヴァプール国立美術館)

テピダリウムとは古代ローマの公衆浴場にあった微温浴室のこと
だそうです。

さきほどの《ヘリオガバルスのバラ》が132.1 x 213.9 cm (150号Mくらい)
なのに対してこの作品は24 x 33 cm (4号F)という小ささです。

公に発表する目的ではなくプライベートな好事家向けの作品ということで
しょうね。それだけに大向こう受けを意識した仰々しさや会場効果をねらった
書き割りのようなぎこちなさとは無縁の自然で自由な描写が魅力的です。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


by redoutehugos | 2016-03-04 18:04 | アートの楽しみ

巨匠の《バラの絵》シリーズ:アルマ=タデマ《ヘリオガバルスのバラ》

ボンジュール!
こんにちは。

巨匠のバラの絵シリーズ。
今日はアルマ=タデマの《ヘリオガバルスのバラ》です。
アルマ=タデマの作品は今週日曜日まで渋谷のBunkamura ザ・ミュージアム
で開催中の「英国の夢 ラファエル前派展」に何点か出展されています。
ここでご紹介する《ヘリオガバルスのバラ》は出ていませんが、小品ながら
(本当に小さいですよぉ〜! 24 x 33 cm)彼の作品の魅力をあますところなく伝える
裸婦像《テピダリウム》は必見です。
(毛皮に寝そべる裸婦像ですが、裸婦と毛皮の表現の対比が見事です)

e0356356_17072874.jpg

ローレンス・アルマ=タデマ (1836 - 1912年)
《ヘリオガバルスのバラ》
油彩/カンヴァス 132.1 x 213.9 cm 1888年

ヘリオガバルスは奇行でしられる第23代ローマ皇帝です。
ある宴会では開閉式の天蓋に大量のバラの花びらを隠しておき、宴もたけなわ
になったときにその花を落下させ、多くの客を窒息死させたという逸話が残って
います。

一見、美しいバラの花びらに埋もれその甘い香りに酔いしれているように見える
人々が、実は突然の花びらの襲撃に窒息し、死に旅立ちつつあるという地獄絵。
快楽や美と残虐や死とは紙一重ということの隠喩かも知れません。

アルマ=タデマとは変わった名前ですが、彼はオランダからイギリスに帰化した
人なんですね。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


by redoutehugos | 2016-03-04 17:27 | アートの楽しみ

たまごのおひな様とウーラちゃん。

ボンジュール!
こんにちは。

昨日は桃の節句。
《ルドゥーテのバラの庭》を運営するウーゴズの不思議担当kiicoが
ウーラちゃんにたまごのおひな様を作ってくれました。
おひな様の顔に不思議感がたっぷり!

e0356356_12081292.jpg

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


by redoutehugos | 2016-03-04 12:11 | ルドゥーテの魅力とお知らせ

巨匠のバラの絵シリーズ:ウォーターハウス《バラの魂》

ボンジュール!
こんにちは。

巨匠のバラの絵シリーズ、昨日にひき続きウォーターハウスの《バラの魂》です。

e0356356_16273816.jpg
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス  (1849 - 1917)
《バラの魂》あるいは《私の甘いバラ》 "The Soul of Rose" (a.k.a "My Sweet Rose")
油彩/カンヴァス  1908年

ヴィクトリア朝の桂冠詩人テニスン(1809 - 1892)の詩篇「モード」にインスパイアー
されて描いた作品です。

ーAnd the soul of the rose went into my blood

直訳すると、「そして、バラの魂が私の血の中にはいってきた」
テニスンの詩はモードという女性を恋い慕う男性が夜通し庭の花々に話しかけている
情景をうたったちょっと狂気の香りがする場面です。

一方、ウォーターハウスの絵は女性がバラに顔を近づけています。
バラの香りを嗅いでいるようにもバラに接吻しているようにも見えます。
おそらくバラの精をとりこんで目の前にはいない恋焦がれる相手の男性の存在を感じている
のでしょう。見えない相手に触れているかのような左手のポースが微妙にですね。

ウォーターハウスの描く女性は美しく、官能的な存在感に満ちていながらも、どこか儚く
寂し気な雰囲気を漂わせていますね。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


by redoutehugos | 2016-03-03 17:01 | アートの楽しみ

桃の節句のウーラちゃん!

ボンジュール!
こんにちは。

今日は3月3日、桃の節句。
女の子のお祭りの日です。
《ルドゥーテのバラの庭》の(会長見習い兼)看板娘ウーラちゃんにも桃の花
が届きました!

e0356356_12093216.jpg

e0356356_12062594.jpg

e0356356_12065058.jpg


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


by redoutehugos | 2016-03-03 12:11 | アートの楽しみ

巨匠のバラの絵シリーズ:ウォーターハウス《魔法をかけられた庭》

ボンソワール!
こんばんは。

今日の巨匠が描いた《バラの絵》は渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催中の「英国の夢 ラファエル前派展」から、ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスの《魔法をかけられた庭》です。
e0356356_19485606.jpg
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス(1849-1917)
《魔法をかけられた庭》
油彩/カンヴァス 115.5 x 160 cm 1916-17年

キャンバスサイズでいうと100号Pの大作です。
デカメロンの中の一場面です。
アンサルド(右端の男性)は人妻ディアノーラ(画面左側、首の前で手を組んでいる女性)
に横恋慕して言い寄ります。
困ったディアノーラは彼を拒絶するために「冬の庭に春の花を咲かせたら・・・」
という不可能な条件を提示します。そうしたら、アンサルドは魔術師の指導を受けて
冬の庭に花を咲かせてしまいました。
画面左端にご注目ください。外ではしんしんと雪が降っていますね!

このお話の結末はおいといて、画面中央では女性の一人が前屈みになり冬に咲いた
バラの花の香りを確かめています。

e0356356_20114896.jpg
ウォータハウスに限りませんが、ラファエル前派の画家達は人物も花も木もすべてに全力
を注いで画面を仕上げています。ラファエロ以前の画家達のように絵のどの部分もないがしろ
にせず、誠実に画面を仕上げるというのがラファエル前派の理念でした。

ところがよく見るとこの絵は画面下方やアンサルドの横の女性の表現がスケッチのような
感じです・・・それもそのはず、実はこの絵はウォーターハウスが亡くなった年に描いて
いた絵で、彼はこの絵を完成させることができなかったのです。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ






by redoutehugos | 2016-03-02 20:23 | アートの楽しみ

カーテンの陰で一人芝居のウーラちゃん!

ボンジュール!
こんにちは。

《ルドゥーテのバラの庭》の会長見習い、ノルウェージャンのウーラちゃん。
久々にハンノキの実でクマ社長とサッカーのパス錬かな?

ウーラちゃんはカーテンの陰に隠れたつもり。
でもクマ社長からのハンノキの実のパスが気になります。
e0356356_18391323.jpg

あっ、ハンノキの実が来たっ!
でも、珍しく後ろにそらしてしまいました。
e0356356_18524640.jpg

知らんぷりを決め込んでいます。
e0356356_18410264.jpg

気づかなかったふりをして、上を見上げたりしといた方がいいかな・・・
e0356356_18404266.jpg

やっぱり、すなおに知らん顔しとこうっと・・・
e0356356_18545303.jpg
クマ社長、ネクスト・プリーズ!
e0356356_18481237.jpg

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


by redoutehugos | 2016-03-02 19:01 | 猫ねこ生活

巨匠のバラの絵シリーズ:マネ《シャンパングラスに活けたバラ》

ル・ボンジュール!
(再び)こんにちは。

今日の巨匠の《バラの絵》は印象派の父と言われる
エドゥアール・マネ(1832-1883)の黄色いバラです。

e0356356_13105897.jpg

エドゥアール・マネ
シャンパングラスに活けたバラ
油彩/キャンバス、32.4 x 24.8 cm c. 1882
バーレル・コレクション蔵、グラスゴー

マネの達者な筆さばきで絶妙に描かれたバラの花の小品(4号)です。
黄色の華やかなバラが細くて硬質のシャンパングラスに支えられたスマートな構成はいかにもパリジャンのマネらしい都会的なセンスに溢れていますね。
主役の黄色いバラの引き立て役にまわっている後ろの赤いバラの省略された表現は上手い!としか言いようがありません。
モチーフが置かれた水平な面と背景の垂直な面を曖昧にして空気感を醸し出すやり方や筆のタッチで素早く形をとらえる描法など、マネがいかにベラスケスの影響を受けているかがこの小品からもわかります。まさに巨匠の小品として味わい深いバラの絵ですね!

ちなみに、制作年の前についているc.は「(〜年)頃」を表します。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ





by redoutehugos | 2016-03-01 13:14 | バラ日記 バラ色生活 

ウーラちゃん、雪だるまの爪研ぎの素敵な(?)使い方発見です!

ボンジュール!
こんにちは。

《ルドゥーテのバラの庭》の会長見習いのウーラちゃん。
本名、ウーラ=ローズ、ノルウェージャン・フォレスト・キャットです。

クマ社長のプレゼントの雪だるまの爪研ぎにまったく無関心だった
ウーラちゃんがとうとうすごい使い方を発見!
なんと、あご乗せ台です!!!
気持ちいいのかな・・・?


e0356356_12145716.jpg


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


by redoutehugos | 2016-03-01 12:25 | 猫ねこ生活