タグ:ゴッホ ( 5 ) タグの人気記事

第46回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門講座』》 『伊藤若冲』

ボンジュール!
こんにちは。

2月25日(日)のプロトマニア・アート・レクチャーのご案内です。

第46回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門講座』》

      Ⅰ部 参加者リクエスト作品について語ろう!
         ゴッホ 『夜のカフェテラス』
      II部 伊藤若冲(その2)

前回のレクチャー《マティス『赤いアトリエ』と若冲(その1)》の様子が、プロトマニアのHPで楽しく紹介されています。



次回2月25日の講座ではまず、Kさんが選んだゴッホの『夜のカフェテラス』について皆さんとディスカッションです。

1888年2月、35歳のゴッホは日本を夢見て南仏アルルにむかいます。『夜のカフェテラス』はそれから約半年後の9月に描かれました。10月にはじまる待望のゴーギャンとの共同生活を前にして、希望に満ちていたゴッホの代表作ですね。黒を使わずに青と黄色で夜の情景を表現するという難題に挑んだ実験的な野心作でもあります。夜空に散りばめられた星の表現は『ローヌ川の星月夜』を経て1889年6月にサン=レミの精神療養院の窓から描いた『星月夜』へと昇華していきます。

後半は伊藤若冲の続きです。前回はいわゆる枡目描きの作品、静岡県立美術館蔵の『樹花鳥獣図屏風』とプライス・コレクションの『鳥獣花木図屏風』の比較で盛り上がりましたが、次回は若冲の表現の進化を同じテーマの作品を比較しながら見ていきたいと思います。

e0356356_12024788.jpg
                       ゴッホ 《夜のカフェテラス》 1888年

e0356356_12023928.jpg
                      ゴッホ 《星月夜》 1889年

e0356356_12265827.jpg
若冲 《旭日鳳凰図》 1755年

e0356356_12312704.jpg
若冲 《老松白鳳図》(動植綵絵)1765〜66年

****************************************************

※ この講座は絵の知識を競うものではありません。絵を見る力を養うための講座です。
※ いわゆる美術史の流れを知らなくても、その場で向き合った絵をどう感じたかどう見るか、
  そしてそれをどう自分の言葉にするかを「わいわいがやがや」 の寺子屋スタイルで学びます。
※ お気軽にご参加ください。

***************************************************
講師:  中尾陽一
日程 : 2018年 2月25日(日) 13:00 —15:30
参加費: 4000円
場所 : プロトマニア https://protomania3.wordpress.com
    [東京メトロ九段下駅 3b 出口(北の丸スクエア)より徒歩2分]
     〒102-0073 東京都千代田区九段北1-12-5 市田ビル6F

予約・お問合せ : お名前と日中のご連絡先を添えてメールまたはお電話でお申込みください。
  e-mail: yoyoa@mac.com phone: 090-2469-4450(荒川陽子)

※メールでお申し込みいただきましたら確認の返信メールを送ら せていただきます。
※プロトマニアから返信メールが届かない場合は、大変恐れ入りますがお電話でお問合せください。
*****************************************************



[PR]
by redoutehugos | 2018-02-04 12:41 | アートの楽しみ | Comments(0)

第45回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門講座』》新春特別企画 『伊藤若冲』

ボンジュール!
こんにちは。

新春、1月28日(日)のプロトマニア・アート・レクチャーのご案内です。

第45回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門講座』》

      Ⅰ部  伊藤若冲
      Ⅱ部  参加者リクエスト作品について語り合いましょう!
          マティス、ゴッホ

みなさん、明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします!

前回のダ・ヴィンチ《サルヴァトール・ムンディ》とワイエスの様子が、プロトマニアのHPで楽しく紹介されています。

この講座も今年の3月にはまる5年目にはいります。本当に早いですね!
これまで44回の講座の中でたくさんの画家をとりあげてきましたが、それでもまだまだ取り上げていない画家は数えきれません。これからが佳境という感じでしょうか。

まず、今年最初にとりあげるのは前々からリクエストのあった『伊藤若冲』です。
絢爛豪華な作風でお正月の講座にぴったりですね!

若冲と言えば、一昨年に東京都美術館で開催された展覧会を思い出します。入館まで3時間、4時間待ちは当たり前。ちょっとした社会現象になった感じでしたが、三十幅の《動植綵絵》は驚異の別世界でした。この《動植綵絵》が今年の9月にはパリのプティ・パレでお披露目されるそうです。日本と同じようにフランスでも若冲ブームとなるのでしょうか?フランスでの若冲の知名度は、例えば『北斎』に比べたらほぼゼロに等しいと思います。それだけにもしかしたら、若冲ワールドはすごいインパクトかもしれません。洗練されたフランス人の目に若冲がどう映るのか見物です。

ところで、今や日本画史上最も人気の高い画家となった感すらある若冲ですが、実は明治以降、一般には忘れ去られていた時期がありました。それはなぜか?そこに若冲芸術を理解する鍵があります。その鍵をみつけて、みなさんと若冲ワールドを旅したいと思います。

そして、後半は皆さんに選んでいただいたマティスの《赤いアトリエ》とゴッホの《夜のカフェテラス》をとりあげます。マティスもゴッホも以前にとりあげた画家です。みなさんの見方がその時と比べてどうなったのかも興味深いところですね。

この講座は美術史の流れ沿って進行していません。
一話完結型ドラマと同じですので、単独でも連続でもどこからでもご自由に参加していただけます。
始めての方大歓迎です。新しい年にみんなで楽しく絵画鑑賞を始めてみませんか?

e0356356_17285089.jpg
伊藤若冲《動植綵絵》から《群鶏図》

e0356356_17182346.jpg
伊藤若冲《動植綵絵》から《群鶏図》

e0356356_17201681.jpg
マティス 『赤いアトリエ』

e0356356_17210850.jpg
ゴッホ 『夜のカフェテラス』

****************************************************

※ この講座は絵の知識を競うものではありません。絵を見る力を養うための講座です。
※ いわゆる美術史の流れを知らなくても、その場で向き合った絵をどう感じたかどう見るか、
  そしてそれをどう自分の言葉にするかを「わいわいがやがや」 の寺子屋スタイルで学びます。
※ お気軽にご参加ください。

***************************************************
講師:  中尾陽一
日程 : 2018年 1月28日(日) 13:00 —15:30
参加費: 4000円
場所 : プロトマニア https://protomania3.wordpress.com
    [東京メトロ九段下駅 3b 出口(北の丸スクエア)より徒歩2分]
     〒102-0073 東京都千代田区九段北1-12-5 市田ビル6F

予約・お問合せ : お名前と日中のご連絡先を添えてメールまたはお電話でお申込みください。
  e-mail: yoyoa@mac.com phone: 090-2469-4450(荒川陽子)

※メールでお申し込みいただきましたら確認の返信メールを送ら せていただきます。
※プロトマニアから返信メールが届かない場合は、大変恐れ入りますがお電話でお問合せください。
*****************************************************

e0356356_11251498.jpg

★いつもご覧いただきありがとう
ございます★
ブログランキングに参加していま
す。
よろしければぜひ、いずれかおひ
とつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ




[PR]
by redoutehugos | 2018-01-11 17:38 | アートの楽しみ | Comments(0)

巨匠の《バラの絵》シリーズ: ゴッホ、「バラ」(その3)(国立西洋美術館蔵)

ボンジュール!
こんにちは。

上野の国立西洋美術館が所蔵するゴッホがサン=レミの療養院で描いたと思われる3枚目のバラの絵です。

e0356356_17040675.jpg
           ばら 
           油彩/カンヴァス 33 x 41.3 cm 1889年 
           国立西洋美術館蔵

以前はこの絵はゴッホがサン=レミの精神療養院に来る前の、アルル時代に描いたものと考えられて
いましたが、今は療養院の庭の一隅を描いたものとされています。
ゴッホが1889年5月にサン=レミの精神療養院に入院した当初は、医師により行動と制作の範囲を
療養院の庭だけに限定されていたようですね。
この絵はF6号という小品ですが、その小さな画面にゴッホはバラを中心として様々な植物を丁寧に
描ききっています。これだけ完成度の高い小品を描いたゴッホの画力と自然への観入には驚かされます。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ






[PR]
by redoutehugos | 2016-02-29 17:19 | アートの楽しみ | Comments(0)

巨匠の《バラの絵》シリーズ:ゴッホ《バラ》 (その2)

ボンジュール!
こんにちは。

巨匠が描いた《バラの絵》シリーズ。
今日はワシントン・ナショナルギャラリー所蔵のゴッホの《バラ》です。
やはりサン=レミ療養院時代に描いたものです。
こちらは横長構図。

e0356356_15594402.jpg
Vincent Van Gogh (1853-1890)

バラ Roses
油彩/カンヴァス 71 x 94fd cm 1890
ワシントン・ナショナルギャラリー蔵

サン=レミ療養院時代にゴッホが描いたもう一枚のバラの絵です。
昨日ご紹介したメトロポリタン美術館蔵のものとほぼ同じ大きさのカンヴァス
(30号F)に描かれています。静物画としてはかなり大きな絵です。
これだけの絵を完成させることができたと言うことはゴッホの精神状態は
かなり回復していたのだと思われます。
バラは白く見えますが、相当退色しているらしく元々はもっとピンク系
のバラだったようです。それだけ緑との対比が鮮やかだったのでしょうね。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


[PR]
by redoutehugos | 2016-02-27 16:01 | アートの楽しみ | Comments(0)

巨匠の《バラの絵》シリーズ: ゴッホ、「バラ」

ボンジュール!
こんにちは。

巨匠が描いた《バラの絵》シリーズ。
今日はニューヨークのメトロポリタン美術館にあるゴッホのバラです。

e0356356_16550999.jpg
Vincent Van Gogh (1853-1890)

バラ
油彩/カンヴァス 93 x 74 cm 1890
メトロポリタン美術館蔵

ゴッホはアルル時代(1888年2月〜1889年5月)に向日葵の連作を描きましたが、最晩年に滞在した
サン・レミの療養院(1889年5月〜1890年5月まで滞在)でも4枚の花のシリーズを描きました。
このバラの絵はその内の一枚です。
(日本の国立西洋美術館蔵の「ばら」がサン=レミで描かれたものだとすると5枚描いたことになります)

他の3枚は同じくメトロポリタン美術館蔵の《アイリス》、それからワシントン・ナショナルギャラリーの
《バラ》、ゴッホ美術館蔵の《アイリス》です。

ゴーギャンとの共同生活に希望を抱いて描いた《向日葵》のシリーズとその共同生活が悲劇に終わり、精神が破綻しつつあった時期に描いたこれらのバラやアイリスのシリーズとを比較するとゴッホの精神の軌跡が垣間見られるような気がします。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


[PR]
by redoutehugos | 2016-02-26 17:20 | アートの楽しみ | Comments(0)