タグ:ファンタン=ラトゥール ( 4 ) タグの人気記事

巨匠の《バラの絵》シリーズ: マネ 《花瓶のモス・ローズ》

ボンソワール!
こんばんは。

巨匠の《バラの絵》シリーズ。
三菱一号館での《奇跡のクラーク・コレクション》展つながりで、
マネの再登場です。

e0356356_20164749.jpg

エドゥアール・マネ(1832-1883)
花瓶のモス・ローズ
油彩/カンヴァス 55.9 x 34.6 cm 1882年
クラーク・アート・インスティテュート蔵 アメリカ

2013年に三菱一号館で開催された「奇跡のクラーク・コレクション」展でファンタン=ラトゥールと同じじ部屋にあったマネのバラの絵です。

ファンタン=ラトゥールはマネを大変尊敬していて《マネ礼讃》の集団肖像画とも言える《バティニョールのアトリエ》を描いているくらいですが、マネとファンタン=ラトゥールではバラのとらえ方が全く違っていますね。

ファンタン=ラトゥールがバラの花びら一枚一枚の形にこだわって描写し、結果としてバラの花のふっくらとしたかたまりを表現しているのに対し、マネはバラの花びらではなく、まずは花をかたまりとしてとらえて、花びらは大胆なタッチで暗示しています。
また、背景の色もファンタン=ラトゥールのどこか土を感じさせる暖かみのある色合いなのに対してマネのグレイは非常にダンディでモダンでちょっと冷たい感じです。
どちらのバラにもそれぞれの画家の特徴がよく表れていて面白いですね。



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ



[PR]
by redoutehugos | 2016-03-07 20:21 | バラ日記 バラ色生活 

巨匠のバラの絵シリーズ:ファンタン=ラトゥール《鉢と皿に生けたバラ》

ボンジュール!
こんにちは。

ファンタン=ラトゥールの《バラの絵》第2弾です。

e0356356_14264689.jpg
アンリ・ファンタン=ラトゥール (Henri Fantin-Latour 1836 -1904)

鉢と皿に生けたバラ Roses in a bowl and dish
油彩/カンヴァス 45.9 x 63 cm 1885年
クラーク・アート・インスティテュート蔵、アメリカ

こんもりと幾重にも重なったバラの花のふっくらとしたやわらかさが
見事に表現されていて、見る者が幸福感に浸れる絵ですね。
そして、よく見ると1枚1枚のバラの花弁が正確に丁寧に描かれています。
バラの花全体の雰囲気をとらえるのではなくて、花びら1枚1枚をしっかり描いて
全体のトーンも崩さないというのは、ファンタン=ラトゥールの正確な観察眼と
技量の高さそして何よりも花々への愛のあらわれでしょうね。

この作品は2013年に三菱一号館で開催された「奇跡のクラークコレクション」展
に出展されていました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


[PR]
by redoutehugos | 2016-03-06 14:37 | アートの楽しみ

ファンタン=ラトゥール:《バティニョールのアトリエ》

前回の記事で触れた《マネ礼讃》とも言うべき《バティニョールのアトリエ》をご紹介します。
縦2メール横2.7メートル(だいたい200号F)の大きな絵です。

e0356356_20121558.jpg


《バティニョールのアトリエ》 Un atelier aux Batignolles

アンリ・ファンタン=ラトゥールHenri Fantin=Latour (1836-1904)

油彩/カンヴァス 204 x 273.5 cm 1870年
オルセー美術館蔵

バティニョールはマネが住んでいたパリ北西部の地域の名前です。
描かれた人物には諸説ありますが、オルセー美術館の解説では以下のようになっています。

後列左から
オットー・ショルデラー(Otto Schöldrer) ドイツ人画家
ルノワール(帽子をかぶっている)
エミール・ゾラ
エドモン・メートル(マネの友人でパリ市役所官吏)
モネ(右端で目立たない人物)

マネ(イーゼルの前)
ザカリー・アストゥリュック(彫刻家、ジャーナリスト)
フレデリック・バジール
(長身、印象派の肖像画でひときわ長身の人物がいたらバジールですね。
彼はこの絵の描かれた数か月後に譜仏戦争に従軍して28歳の若さで戦死してしまいます。)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


[PR]
by redoutehugos | 2016-03-05 20:22 | アートの楽しみ

巨匠の《バラの絵》シリーズ:ファンタン=ラトゥール 《バラ》

ボンソワール!
こんばんは。

今日ご紹介するのはアンリ・ファンタン=ラトゥールの《バラ》です。

e0356356_18264840.jpeg

アンリ・ファンタン=ラトゥール (1836 – 1904)
バラ Roses
油彩/カンヴァス 46.4 x 40.5 cm 1888年
スコットランド国立美術館

ファンタン=ラトゥールは生涯で800点以上の花の絵を描いています。
まさに花の画家ですね!彼の花の絵はイギリスで大人気を博しました。
モノトーンの地味な背景に色鮮やかな花々を繊細かつ入念なタッチで描いた花の絵は
当時の多少保守的なイギリスの美術愛好家たちの趣味に合致したのでしょう。

ファンタン=ラトゥールは印象派と同時代の人です。
どちらかというとサロン(官展派)よりの画家ですが、印象派の画家たちが集まっていたカフェ・ゲルボワの常連でもあり印象派とも親しくつきあっていました。彼が描いた「バティニョールのアトリエ」という絵はマネを中心に集う若き印象派の面々が描かれた集団肖像画として有名です。

彼は印象派の画家たちと親しく交わり、印象派の革新性にも理解を示していましたが、印象派とは違う作画態度でした。印象派の父と目されながら、生涯にわたりサロンの評価を気にして印象派とは一定の距離をとり続けたマネと似た立ち位置かも知れませんね。



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


[PR]
by redoutehugos | 2016-03-05 18:37 | アートの楽しみ