タグ:フェルメール ( 6 ) タグの人気記事

上野の《フェルメール展》で思わぬ拾い物!

ボンジュール!
こんにちは。

先週は上野のフェルメール展に行ってきました!
日時指定のチケットでも日中では結構並ぶよ!という知人からの情報があったので、5:30まで西洋美術館のルーベンス展と常設展をたっぷり見てから行ったら、全然並ばずに入館できました!

その後も入館者がどっと増えるでもなく、フェルメールの作品8点が並ぶフェルメール・ルームではしっかりとフェルメールを比較鑑賞することができて大満足。上野はひけが早いというのは本当ですね!これからフェルメール展に行く方は夜が狙い目ですよ〜!

ところで、フェルメール展での「思わぬ拾い物」とは、展覧会場で最初に目に飛び込んできたかなり大きな男女の肖像画2点です。達者な筆使いだなあ!と思ったら、なんと今週日曜日のプロトマニア第54回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞白熱講座』》でメインでとりあげるフランスハルスの作品ではありませんか!いやあ、こんなところで(?)フランス・ハルスにお目にかかれるなんてラッキーでした。もちろんフランス・ハルスの代表作という訳ではありませんが、彼の筆触の巧みさを味わうには充分のレベルの作品でした。

それにしても、オランダ・フランドル絵画の東の正横綱がルーベンス、西の正横綱がレンブラントだとするとハルスは東の大関くらいは張れる力量、格の画家なのに、フェルメールの露払いにいるとは想像できませんでしたね。ではフェルメールはどうか・・・うーん、人気と観客動員力は別として(そして個々の作品も確かにいいけど)、作品の大きさ、量など画家としての格を考えると西の大関か東の関脇かな・・・

それはさておき、そのほかにもホントホルストとかテル・ブリュッヘンといったオランダのカラヴァジェスキの絵とか、フェルメールと良く似た主題の絵なんだけど光りの処理がまったく違うハブリエル・メツーの作品なんかもあって大いに楽しめる展覧会でした。


e0356356_13105048.jpg
フランス・ハルス 《ルカス・デ・クレルクの肖像》
e0356356_13112935.jpg
フランス・ハルス 《フェインチェ・ファン・ステーキンステの肖像》
e0356356_13115343.jpg
ハブリエル・メツー  《手紙を書く男》
e0356356_13121538.jpg
ハブリエル・メツー 《手紙を読む女》
e0356356_13140722.jpg
ヘラルト・ダウ  《本を読む老女》


[PR]
by redoutehugos | 2018-10-22 15:15 | アートの楽しみ

第29回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門講座』》 夜の画家 ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの世界(その1)

ボンジュール!
こんにちは。

9月25日(日)のプロトマニア・アートレクチャーのご案内です。

第29回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門講座』》
夜の画家 ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの世界(その1)
e0356356_11425741.jpg
3回にわたってさまざまな角度から挑んだフェルメールへのアプローチはいかがでしたか?

さて、次回はジョルジュ・ド・ラ・トゥール(1593-1652)を取り上げます。フェルメールが1632年生まれですから、ラ・トゥールはそれより40年ほど前の人です。時代的にはどちらもバロックの画家と言えますが、作風はまったく違います。フェルメールが「光の画家」と言われるのに対してラ・トゥールは「夜の画家」と称されるくらいです。暗い闇の中、ろうそくの灯に照らし出された神秘的なマグダラのマリアの像は皆さんもご覧になったことがあるのではないでしょうか。

ところで、このふたりには奇妙な共通点もあります。現在、世界中で最も有名な画家の一人であるフェルメールですが、1675年に亡くなったあと急速に忘れ去られ、19世紀後半に脚光を浴びるまで長い間「忘れられた画家」状態だったというお話はしました。実はラ・トゥールもフェルメール以上に「忘れられた画家」だったのです。生前にはフランス王ルイ13世の「国王付き画家」の称号を得るほど著名な画家でしたが、1652年に亡くなったあと、18世紀には完全に忘却され、再び注目を浴びたのは20世紀に入ってからでした。

ラ・トゥールのように個性の強い作風の画家が200年以上も忘れ去られた画家だったとはまったく驚きですね。また、両者とも現存する作品の数は少なく、フェルメールは30数点、ラ・トゥールは40数点しかありません。フェルメールはもともと寡作な画家でしたが、ラ・トゥールの場合は、多くの作品が戦火やペストの大流行という社会的混乱のなかで焼失してしまったようです。

「夜の画家」と称されるラ・トゥールですが、白日の下に照らし出された人物たちの圧倒的な存在感と強烈な色彩の《女占い師》など「昼の絵」も残っています。また戦火と疫病の蔓延する時代に生きる人々、特に年老いた人々の生命力と悲哀を独特な露骨なまでのリアリズムで描きました。

次回以降、強烈な個性を放つラ・トゥールの世界に2回連続の講座で踏み込んでみたいと思います。

e0356356_11435952.jpg













《いかさま師(クラブのAを持った)》 キンベル美術館

e0356356_11582008.jpg














《いかさま師(ダイヤのAを持った)》 ルーブル美術館

e0356356_11522118.jpg



















《悔悛するマグダラのマリア》  メトロポリタン美術館

e0356356_11440600.jpg










《辻音楽師の喧嘩》 ポール・ゲッティ美術館


e0356356_12293357.jpg



















《帽子のあるヴィエル弾き》 ナント美術館

e0356356_12360431.jpg
















《食事をする農民の夫婦》 ベルリン美術館

***********************************************************************
※ この講座は絵の知識を競うものではありません。絵を見る力を養うための講座です。
※ いわゆる美術史の流れを知らなくても、その場で向き合った絵をどう感じたか、
  どう見るか、そしてそれをどう自分の言葉にするかを「わいわいがやがや」の寺子屋
  スタイル で学びます。
お気軽にご参加ください。
***********************************************************************

講師:  中尾陽一
日程 : 2016年 9月25日(日) 13:00 —15:30
参加費: 4000円
場所 : プロトマニア HP → こちらをクリック
    (東京メトロ九段下駅 3b 出口(北の丸スクエア)より徒歩2分)
     〒102-0073 東京都千代田区九段北1-12-5 市田ビル6F

予約・お問合せ : お名前と日中のご連絡先を添えてメールまたはお電話でお申込みください。
        e-mail: yoyoa@mac.com phone: 090-2469-4450(荒川陽子)

* メールでお申し込みいただきましたら確認の返信メールを送らせていただきます。
プロトマニアから返信メールが届かない場合は、大変恐れ入りますが電話でお問合せください。

***********************************************************************

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ





[PR]
by redoutehugos | 2016-09-07 12:38 | アートの楽しみ

カメラ・オプスクーラを作ってみました!

ボンジュール!
こんにちは。

第28回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門講座』》
フェルメールをトータルに鑑賞しよう(その3)
ではフェルメールとカメラ・オプスクーラについても論じたいと思っています。

フェルメールが利用した(?)と言われているカメラ・オプスクーラは
様々なフェルメール関連書籍で言及されています。
しかし、ほとんどの場合、カメラ・オプスクーラによって得られる画像がどんなものかまでは提示されていません。

そこで、クマ社長、《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門講座』》では、まずは参加者のみなさんにカメラ・オプスクーラによる画像を実際にみていただこうとカメラ・オプスク—ラを作ってみることにしました。材料は凸レンズと段ボールとガムテープです。

手作りカメラ・オプスクーラの完成しました!
奥の方にウーラちゃんが見えます。
e0356356_12352342.jpg

おっ、外の景色がしっかり映っている!
e0356356_12385931.jpg
鏡を使わない一番単純な作りなので映し出された画像は上下、左右が反転していますが、
夏の雲がしっかり映ってなかなかアートな雰囲気の画像ですね。
e0356356_12435224.jpg
こんな画像を見て参加者のみなさんからどんな意見や感想が飛び出すのか楽しみです!
e0356356_12514555.jpg

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


[PR]
by redoutehugos | 2016-08-07 13:01 | アートの楽しみ

第28回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門講座』》フェルメール(3)

ボンジュール!
こんにちは。

8月28日(日)のプロトマニア・アートレクチャーのご案内です。

第28回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門講座』》

連続《特別講座》:フェルメールをトータルに鑑賞しよう(その3)

フェルメールの連続《特別講座》も次回で3回目。いよいよ佳境にはいってきましたね。
参加者のみなさんもかなりのフェルメール通になってこられたようです。

前回は史上最大のフェルメール贋作事件を引き起こしたハン・ファン・メーヘレンの贋作やフェルメールと同時代に活躍したピーテル・デ・ホーホやテル・ボルフの作品とフェルメールの作品を比較することによって、表面上の類似を越えたフェルメール作品の本質の理解に挑戦しました。

次回は他者との比較ではなく、フェルメールの作品自体の変化を見ていきます。

現存するフェルメールの作品は研究者間で意見の分かれるものを含めても37点しかありません。わずか30数点の作品しか残っていないフェルメールが、レンブラントと並んで17世紀オランダ絵画最大の巨匠としての評価を得ているのは、彼の作品のクォーリティが非常に高く、いわゆる駄作というものがないということが最大の要因です。

とは言え、粒ぞろいと言われるフェルメールの作品にも、注意して見ていくと画風の変遷があり作品の優劣があります。

また、フェルメールの独特の光の表現を論じる際に、必ずカメラ・オブスクーラ(暗箱)というものが話題になります。フェルメールはカメラ・オブスクーラを利用して絵を描いたのではないか? 極端な場合は、カメラ・オブスクーラによる画像なぞったのではなか・・・? などと、いろんなことがささやかれています。

カメラ・オブスクーラというとなにか魔法の装置のような印象ですが、原理は単純です。
次回の講座では簡単な装置で、みなさんにカメラ・オブスクーラによる画像とはどんなものか実際に体験していただき、その上で、フェルメールのカメラ・アイ的な画面構成の特徴、ポワンティエ(白い点による光の粒のような表現)の効果を考えてみたいと思います。


e0356356_15514594.jpg




e0356356_18240804.jpg
《牛乳を注ぐ女》 1658-59年頃 アムステルダム国立美術館
e0356356_18244239.jpeg
《牛乳を注ぐ女(部分)》ポワンティエの例


***********************************************************************
※ この講座は絵の知識を競うものではありません。絵を見る力を養うための講座です。
※ いわゆる美術史の流れを知らなくても、その場で向き合った絵をどう感じたか、
どう見るか、そしてそれをどう自分の言葉にするかを「わいわいがやがや」の寺子屋
スタイル で学びます。
お気軽にご参加ください。

***********************************************************************

講師:  中尾陽一
日程 : 2016年 8月28日(日) 13:00 —15:30
参加費: 4000円
場所 : プロトマニア HP → こちらをクリック
    (東京メトロ九段下駅 3b 出口(北の丸スクエア)より徒歩2分)
     〒102-0073 東京都千代田区九段北1-12-5 市田ビル6F

予約・お問合せ : お名前と日中のご連絡先を添えてメールまたはお電話でお申込みください。
        e-mail: yoyoa@mac.com phone: 090-2469-4450(荒川陽子)

* メールでお申し込みいただきましたら確認の返信メールを送らせていただきます。
プロトマニアから返信メールが届かない場合は、大変恐れ入りますが電話でお問合せください。

***********************************************************************

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ





[PR]
by redoutehugos | 2016-08-06 19:31 | アートの楽しみ

第27回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門講座』》のご案内 フェルメール(2)

ボンジュール!
こんにちは。

7月24日(日)のプロトマニア・アートレクチャーのご案内です。

第27回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門講座』》

連続《特別講座》:フェルメールをトータルに鑑賞しよう(その2)

前回は、現在フェルメールの作とされる37点のうち、研究者間で判断が分かれている5点を皆さんご自身の目によって選別するという作業にトライしました。当初の予定を変更して、1点1点皆さんの意見を聞きながら進行したので、なかなかハードな作業になりましたが、その分、皆さんの頭の中にフェルメールの全作品、全体像が鮮明に意識されたことと思います。

また、真作かどうかの判断に関しても、なかなか鋭い意見が噴出して私自身、皆さんの絵画鑑賞力がどんどん向上していることに驚きました。例えば、過去二度にわたって来日しているドレスデン美術館所蔵の『窓辺で手紙を読む女』—フェルメールの代表作のひとつと言っても過言ではない作品です—が真作ではないと判断した人もいました。その方に言わせると、手前右に引き寄せられた緑のカーテンの表現が硬くてフェルメールにしては雑な感じだし、カーテンレールの棒も含めて構図上も大いに違和感を感じるということでした。

フェルメールの真作かどうかということで言えば、この作品は真作としての評価は固まっています。ただし、カーテンとカーテンレールはフェルメールが構図を変更するためにあとから付け加えたものです。フェルメールはこの構図で「のぞき見的な効果」をねらったものとも考えられますが、それが必ずしも成功していないと判断することも可能です。あるいは、制作過程での変更により当初のヴィジョンが曖昧になったのかも知れません。先入観を持たないで絵に接するといろんなことが見えてきますね。

次回は、前回積み残したオランダ人画家ファン・メーヘレンによる世紀の贋作事件をご紹介しながら、当時の美術界の権威がことごとく欺された贋作とはどのようなものであったのか、また、今の我々の冷静な目から見たらおそらく明白な贋作の贋作たる由縁はどこにあるのかを具体的に見ていきます。

また、フェルメールの同時代の画家でフェルメールと同じような主題の絵を描いて人気を博していたピ—テル・デ・ホーホの作品との比較によって、一見似ている作風の二人の画家の表現の違いはどこにあるのか、そしてフェルメールのすばらしさとは何か?に迫りたいと思います。

e0356356_15514594.jpg

e0356356_15210437.jpg
窓辺で手紙を読む女  1658-59年 ドレスデン美術館

e0356356_15223115.jpg
青衣の女  1662-65年  アムステルダム国立美術館

e0356356_15245050.jpg
手紙を書く女 1665-66 ワシントン・ナショナル・ギャラリー

e0356356_15283258.jpg
手紙を書く女と召使い 1670-72 アイルランド・ナショナル・ギャラリー


*******************************************************************************************************
※ この講座は絵の知識を競うものではありません。絵を見る力を養うための講座です。
※ いわゆる美術史の流れを知らなくても、その場で向き合った絵をどう感じたか、
どう見るか、そしてそれをどう自分の言葉にするかを「わいわいがやがや」の寺子屋
スタイル で学びます。
お気軽にご参加ください。

***************************************************************************************************************

講師:  中尾陽一
日程 : 2016年 7月24日(日) 13:00 —15:30
参加費: 4000円
場所 : プロトマニア HP → こちらをクリック
    (東京メトロ九段下駅 3b 出口(北の丸スクエア)より徒歩2分)
     〒102-0073 東京都千代田区九段北1-12-5 市田ビル6F

予約・お問合せ : お名前と日中のご連絡先を添えてメールまたはお電話でお申込みください。
        e-mail: yoyoa@mac.com phone: 090-2469-4450(荒川陽子)

* メールでお申し込みいただきましたら確認の返信メールを送らせていただきます。
プロトマニアから返信メールが届かない場合は、大変恐れ入りますが電話でお問合せください。

***************************************************************************************************************


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ






[PR]
by redoutehugos | 2016-07-11 15:52 | アートの楽しみ

第26回 《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門講座』》のご案内 フェルメール(1)

6月26日(日)のプロトマニア・アートレクチャーのご案内です。

第26回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門講座』》

連続《特別講座》:フェルメールをトータルに鑑賞しよう(その1)

次回はフェルメールの《トータル》な鑑賞に挑戦します。
なぜトータルかというと、フェルメールに関連するさまざまな話題を理解しながら、最終的にはフェルメール絵画の画面そのものから作品としての素晴らしさや魅力にダイレクトに迫るという、大いに欲張ったことを目指すからです。

今や日本でフェルメールと言えば、展覧会に彼の絵が1点含まれるだけで何十万人という観客が見込めるほど大人気の画家です。そしてフェルメールについて書かれた本も数多く出版されています。みなさんの中にもフェルメールについて一家言お持ちの方がたくさんいらっしゃることでしょう。

現在ではそんなにも認知度の高い画家となったフェルメールですが、1675年にオランダのデルフトで亡くなったあと、1866年にフランスで再発見(再評価)されるまで200年ちかくもの間忘れられた画家でした。そしてフェルメールの真作とされるものは世界に30数点しか存在しません。それだけでもミステリアスな存在ですね。

そして戦後すぐにおこったオランダ人画家ファン・メーヘレンによる世紀の贋作事件、いまだに解決されていないボストンのイザベラ・ガードナー美術館からの『合奏』の強奪を始めとする、度重なる盗難事件などフェルメールに関連した話題には事欠きません。

また、技法の上からはフェルメールはカメラ・オブスクラ(写真機の原型のようなもの)を使ったのではないかという疑惑(?)、そして「ポワンティエ (pointillé)」と呼ばれる光玉のような描写はどこからきたのか、あるいは「フェルメール・ブルー」とは何かなど、さまざまなアプローチが可能です。

連続講座の中で、これらすべての話題に言及し皆さんとさまざまにディスカッションしたいと思います。

まず第1回目は、フェルメールの真作として評価が確立している作品と疑問符のつく作品との違いを見ながら、フェルメールの作品の特徴をしっかり把握します。そしてファン・メーヘレンによる世紀の贋作事件の顚末をご紹介しながら、フェルメールの真作の素晴らしさを贋作との比較で再認識していただきたいと思います。

ところでみなさんはフェルメールの作品が日本にもあることをご存知ですか?
上野の国立西洋美術館で常設展示(寄託作品)されている《聖プラクセディス》がその作品です。西洋美術館では現時点でこの作品が真作かどうかについては研究者間で意見の一致をみていないとのことで「フェルメールに帰属」扱いとなっていますが、2000年に日蘭交流400周年記念の一大イベントとして大阪市立美術館で開催されて、フェルメールが5点も来ると大変話題になった「フェルメールとその時代展」ではフェルメール作品5点の内の1点として堂々と扱われていました。

昔風に言えば伝フェルメールとは言え、また作風が我々が普通に思うフェルメールのそれではないとは言え、その作品が日本の美術館で常設展示されているというのはすごいことだと思います。とにかく2000年の展覧会では何時間も待ってやっと見ることのできた5点のうちの1点が常設展でいとも簡単に見ることができるのですから!


講座のお申し込み、プロトマニアのご案内は→こちらをクリックしてください。
e0356356_16574437.jpg
真珠の耳飾りの少女 1665-66年頃 マウリッツハイス美術館


e0356356_16575739.jpg
手紙を読む青衣の女 1662-65頃 アムステルダム国立美術館


e0356356_16580227.jpg
デルフトの眺望 1660-61年頃 マウリッツハイス美術館展


e0356356_16581797.jpg
牛乳を注ぐ女 1658−60年頃 アムステルダム国立美術館

e0356356_17073848.jpg
絵画芸術 1666-67年頃 ウィーン美術史美術館


e0356356_16582392.jpg
聖プラクセディス 1655年 国立西洋美術館寄託


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ




[PR]
by redoutehugos | 2016-06-03 17:12 | アートの楽しみ