人気ブログランキング |

タグ:マネ ( 4 ) タグの人気記事

よみうりカルチャー八王子 4月からの《絵画鑑賞講座》のお知らせ

よみうりカルチャー八王子で4月から始まる《絵画鑑賞講座》のご案内です。

〜これまで誰も教えてくれなかった〜
『絵画鑑賞入門』

【内容】
知識としての美術史を学ぶだけではなく、絵を前にした時にその絵と対話し、交感する鑑賞法を身につけるための講座です。講師のナビゲーションで、その絵に対する自分なりの評価もできるようになることを目指します。取りあげる作家については、時代背景や作品にまつわるエピソードのほか、展覧会企画の経験談も交えて実際的なお話をします。従来の講座では味わえない絵画と自分との主体的な対話と気づきという新鮮な経験をしていただきます。難しく考えず、楽しく絵について感じたこと、思いついたこと等を口に出してみることから始めましょう。

【テーマ】
1. 4月19日  モネと印象派 VS 美し過ぎる?サロン絵画
      印象派の攻撃の的となったサロン絵画の巨匠たち(ブグロー、カバネルなど)の絵とは?
      印象派との違いは?
2. 5月17日 印象派の父マネと先駆者ブーダン
3. 6月21日 モネとルノワール
4. 7月19日 ポスト印象派、セザンヌを中心に
5. 9月20日 スーラと新印象派

e0356356_15261460.jpg
e0356356_15290209.jpg

【日時】 第3週 金曜日 10:30〜12:00
 4/19, 5/17, 6/21, 7/19. 9/20

受講料等の詳細はよみうりカルチャー八王子のHPをご覧ください。

あるいは、直接下記にお問い合せください。
よみうりカルチャー八王子
〒192-0083 八王子市旭町1−1 セレオ八王子北館10階
TEL: 042-622-6211

by redoutehugos | 2019-03-03 15:37 | アートの楽しみ

巨匠の《バラの絵》シリーズ: マネ 《花瓶のモス・ローズ》

ボンソワール!
こんばんは。

巨匠の《バラの絵》シリーズ。
三菱一号館での《奇跡のクラーク・コレクション》展つながりで、
マネの再登場です。

e0356356_20164749.jpg

エドゥアール・マネ(1832-1883)
花瓶のモス・ローズ
油彩/カンヴァス 55.9 x 34.6 cm 1882年
クラーク・アート・インスティテュート蔵 アメリカ

2013年に三菱一号館で開催された「奇跡のクラーク・コレクション」展でファンタン=ラトゥールと同じじ部屋にあったマネのバラの絵です。

ファンタン=ラトゥールはマネを大変尊敬していて《マネ礼讃》の集団肖像画とも言える《バティニョールのアトリエ》を描いているくらいですが、マネとファンタン=ラトゥールではバラのとらえ方が全く違っていますね。

ファンタン=ラトゥールがバラの花びら一枚一枚の形にこだわって描写し、結果としてバラの花のふっくらとしたかたまりを表現しているのに対し、マネはバラの花びらではなく、まずは花をかたまりとしてとらえて、花びらは大胆なタッチで暗示しています。
また、背景の色もファンタン=ラトゥールのどこか土を感じさせる暖かみのある色合いなのに対してマネのグレイは非常にダンディでモダンでちょっと冷たい感じです。
どちらのバラにもそれぞれの画家の特徴がよく表れていて面白いですね。



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ



by redoutehugos | 2016-03-07 20:21 | バラ日記 バラ色生活 

ファンタン=ラトゥール:《バティニョールのアトリエ》

前回の記事で触れた《マネ礼讃》とも言うべき《バティニョールのアトリエ》をご紹介します。
縦2メール横2.7メートル(だいたい200号F)の大きな絵です。

e0356356_20121558.jpg


《バティニョールのアトリエ》 Un atelier aux Batignolles

アンリ・ファンタン=ラトゥールHenri Fantin=Latour (1836-1904)

油彩/カンヴァス 204 x 273.5 cm 1870年
オルセー美術館蔵

バティニョールはマネが住んでいたパリ北西部の地域の名前です。
描かれた人物には諸説ありますが、オルセー美術館の解説では以下のようになっています。

後列左から
オットー・ショルデラー(Otto Schöldrer) ドイツ人画家
ルノワール(帽子をかぶっている)
エミール・ゾラ
エドモン・メートル(マネの友人でパリ市役所官吏)
モネ(右端で目立たない人物)

マネ(イーゼルの前)
ザカリー・アストゥリュック(彫刻家、ジャーナリスト)
フレデリック・バジール
(長身、印象派の肖像画でひときわ長身の人物がいたらバジールですね。
彼はこの絵の描かれた数か月後に譜仏戦争に従軍して28歳の若さで戦死してしまいます。)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


by redoutehugos | 2016-03-05 20:22 | アートの楽しみ

巨匠のバラの絵シリーズ:マネ《シャンパングラスに活けたバラ》

ル・ボンジュール!
(再び)こんにちは。

今日の巨匠の《バラの絵》は印象派の父と言われる
エドゥアール・マネ(1832-1883)の黄色いバラです。

e0356356_13105897.jpg

エドゥアール・マネ
シャンパングラスに活けたバラ
油彩/キャンバス、32.4 x 24.8 cm c. 1882
バーレル・コレクション蔵、グラスゴー

マネの達者な筆さばきで絶妙に描かれたバラの花の小品(4号)です。
黄色の華やかなバラが細くて硬質のシャンパングラスに支えられたスマートな構成はいかにもパリジャンのマネらしい都会的なセンスに溢れていますね。
主役の黄色いバラの引き立て役にまわっている後ろの赤いバラの省略された表現は上手い!としか言いようがありません。
モチーフが置かれた水平な面と背景の垂直な面を曖昧にして空気感を醸し出すやり方や筆のタッチで素早く形をとらえる描法など、マネがいかにベラスケスの影響を受けているかがこの小品からもわかります。まさに巨匠の小品として味わい深いバラの絵ですね!

ちなみに、制作年の前についているc.は「(〜年)頃」を表します。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ





by redoutehugos | 2016-03-01 13:14 | バラ日記 バラ色生活