人気ブログランキング |

タグ:モランディ ( 2 ) タグの人気記事

第59回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞白熱講座』》  ロココ時代、静けさの巨匠: ジャン・シメオン・シャルダン

4月28日(日)のプロトマニア・アート・レクチャーのご案内です。

第59回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞白熱講座』》
 ロココ時代、静けさの巨匠: ジャン・シメオン・シャルダン


前回のモランディでは参加者のみなさんから、さまざまな見方、感想、意見が噴出
して、大変楽しい日曜の午後となりました。一見単調で、なんのための繰り返しなの?と思いかねないモランディの絵画ですが、じっと見ていると必ず我々の感性に沁みてくる、その親和力はさすがに巨匠の名に恥じないものだと、あらためて痛感しました。

次回とりあげるシャルダン(1699〜1779 )は、そのモランディがシンパシーを感じていた数少ない画家のひとりです。シャルダンは時代的にはロココの画家です。ロココという時代はブーシェに代表されるように、荘厳華麗なバロックの反動でちょっと軽佻浮薄で快楽主義的なイメージですよね。そんなロココ趣味は謹厳実直なモランディの趣味ではないと思いませんか?

たしかにシャルダンは美術史的にはロココの画家ですが、彼が描いたのは静物と庶民の生活、ロココ趣味には合わないものばかりです。それでいて、ロココを代表する画家のひとりに数えられるという稀有な存在なんですね。激動の20世紀美術の中で、時代に背を向けてアトリエにある静物との対話で深い造詣世界を切り開いたモランディと似ています。

シャルダンの名は日本ではあまり知られていません。2012年に三菱一号館美術館で開催されたシャルダン展が日本初の個展でした。この時のサブタイトルが「静寂の巨匠」。モランディも「静謐の画家」と呼ばれたりしますから、共通項は多いようです。

ちなみに、モランディはシャルダンのことを「トロンプ・ルイユの効果にまったく依存しない画家」だと評しています。トロンプ・ルイユというのはだまし絵のことです。さて、この言葉の意味するところは?

次回は、このモランディの言葉からシャルダンの「静寂」の世界にわけいってみたいと思います。

e0356356_10493432.jpg
白い瓶に活けた花  1763年

e0356356_11014986.jpg
パイプと水差し  1737年頃

e0356356_11032329.jpg
若い先生 1740年


*****************************************************************************

※ この講座は絵の知識を競うものではありません。絵を見る力が自然に身につ楽しい講座です。

※ いわゆる美術史の流れを知らなくても、その場で向き合った絵をどう感じたかどう見るか、そしてそれを どう自分の言葉にするかを「わいわいがやがや」 の 寺子屋スタイルで学びます。

※ 通史的な講座ではありませんので、いつからでも、興味のある画家の講座の時だけでも、 お気軽にご参加ください。

******************************************************************************

講師:  中尾陽一

日程 :  2019年 4月28日(日) 13:00 ?15:30

参加費: 4000円


場所 : プロトマニア

    [東京メトロ九段下駅 3b 出口(北の丸スクエア)より徒歩2分]

     〒102-0073 東京都千代田区九段北1-12-5 市田ビル6F


予約・お問合せ : お名前と日中のご連絡先を添えてメールまたはお電話でお申込みください。

  e-mail: yoyoa@mac.com

  phone: 090-2469-4450(荒川)


※メールでお申し込みいただきましたら確認の返信メールを送らせていただきます。

※プロトマニアから返信メールが届かない場合は、大変恐れ入りますがお電話でお問合せください。


※プロトマニアのHPからも簡単にお申し込みいただけます。

 →  お申し込み

******************************************************************

株式会社ウーゴズ

〒223-0051

横浜市港北区箕輪町2-5-25-601

tel: 045-563-8841 mobile: 090-8303-6131

info@hugosalchemy.com

http://www.hugosalchemy.com


e0356356_11232279.png








タグ:

by redoutehugos | 2019-03-28 11:31 | アートの楽しみ

第58回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞白熱講座』》 20世紀イタリア美術最大の巨匠 ジョルジョ・モランディ

3月24日(日)のプロトマニア・アート・レクチャーのご案内です。
第58回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞白熱講座』》
   20世紀イタリア美術最大の巨匠 ジョルジョ・モランディ 

第57回《フォーヴ もう一人の抒情詩人 ラウル・デュフィ》の様子がプロトマニアのHPにて紹介されています。よろしければご覧ください。

さて、次回は20世紀イタリア美術最大の画家として評価の高いモランディをとりあげます。

実はモランディは私の人生の転機になった画家でもあります。今から11年前の2008年の春、私は展覧会プロデューサーとしての集大成として、学生の頃から関心の深かったモランディの展覧会企画に着手しました。

それから3年の歳月をかけて、展覧会の核となるモランディ美術館、次にモランディの希少な形而上絵画の名作を所蔵するミラノのブレラ絵画館、モランディの評価の先がけとなったイタリア最高の美術史家ロベルト・ロンギの財団をはじめ、作品所蔵美術館、画廊、個人コレクター、イタリアのローカルなオークション会社などとの交渉を終え、日本の開催館との度重なる打ち合わせを経て、《モランディとの対話 − キリコからフォンタナまで》展のオープニングが迫ってきました。そして、いよいよイタリア各地での作品集荷を翌日に控えた2011年3月11日、東日本大震災が発生しました。震災の混乱の中、この展覧会は紆余曲折を経て、延期そして中止となってしまったのです。ちなみに、展覧会の図録は一般書籍としての発行を念頭に準備されていましたので、モランディの画集として刊行されました。

展覧会にはトラブルはつきもので、むしろトラブらない展覧会はないと言ってもいいくらいです。それまでスリリングな経験をさんざんしてきましたが、さすがにオープニングの直前で未曾有の天災によって完全に開催不可になった展覧会経験は始めてでした。

前置きが長くなりましたが、モランディは20世紀イタリア美術最大の画家と称賛されながら、他方で、生涯イタリアの古都ボローニャに留まって制作を続けたことや、何の変哲もない瓶や陶器をモチーフとして、その組み合わせを執拗なまでに追求する厳しい作画態度から『修道僧のような生活を送る孤高の画家』のイメージが
つきまとっています。

その上、モランディの絵は無機質なモチーフを相手に、やっていることがあまりにも微妙なため、おおざっぱな見方をすると単調で退屈に見えるかも知れません。ところが、その一見同じような絵が、対話する気持ちで見ると、いくら見ても見飽きることがないのです。何かが微妙に違ってくるのです。

私は以前から前々回にとりあげたマルケとモランディの画風に共通するものを感じています。マルケは1875年生まれで1947年没、モランディは1890年生まれで1964年没ですから、まあ同時代の人ですね。

類似点はまず、色調。どちらも中間色の巨匠です。そして、肥痩のある濃い目の色の線描の効かせ方。残念ながらマルケはあの独自のスタイルになってからは静物画を描いていませんが、もしマルケがマルケ風の静物画を描いていたら、洒脱なモランディ的な静物画になっていたのではないかと想像の世界で遊んだりします。

次回は、一見単調なモランディの絵から見えてくる様々なものをみなさんと探ってみたいと思います。

e0356356_15285490.jpg
《静物》 1956年 モランディ美術館

e0356356_15290665.jpg
《静物》 1955年 モランディ美術館寄託

e0356356_15291217.jpg
《静物》 1951年 モランディ美術館

e0356356_15291696.jpg
《静物》 1946年 ミラノ、20世紀美術館

******************************************************************************

※ この講座は絵の知識を競うものではありません。絵を見る力が自然に身につく楽しい講座です。

※ いわゆる美術史の流れを知らなくても、その場で向き合った絵をどう感じたかどう見るか、そしてそれを どう自分の言葉にするかを「わいわいがやがや」 の 寺子屋スタイルで学びます。

※ 通史的な講座ではありませんので、いつからでも、興味のある画家の講座の時だけでも、 お気軽にご参加ください。

******************************************************************************

講師:  中尾陽一

日程 :  2019年 3月24日(日) 13:00 ?15:30

参加費: 4000円


場所 : プロトマニア

    [東京メトロ九段下駅 3b 出口(北の丸スクエア)より徒歩2分]

     〒102-0073 東京都千代田区九段北1-12-5 市田ビル6F


予約・お問合せ : お名前と日中のご連絡先を添えてメールまたはお電話でお申込みください。

  e-mail: yoyoa@mac.com

  phone: 090-2469-4450(荒川)


※メールでお申し込みいただきましたら確認の返信メールを送らせていただきます。

※プロトマニアから返信メールが届かない場合は、大変恐れ入りますがお電話でお問合せください。


※プロトマニアのHPからも簡単にお申し込みいただけます。

 お申し込み


***********************************************************************************************

株式会社ウーゴズ

〒223-0051

横浜市港北区箕輪町2-5-25-601

tel: 045-563-8841 mobile: 090-8303-6131

info@hugosalchemy.com

http://www.hugosalchemy.com

e0356356_15430461.jpg


by redoutehugos | 2019-03-05 15:33 | アートの楽しみ