人気ブログランキング |

タグ:ルノワール ( 4 ) タグの人気記事

『絵画鑑賞白熱講座』 春の特別イベント《絵事放談》のお知らせ

《~これまで誰も教えてくれなかった『絵画鑑賞白熱講座』》
      春の特別イベントのお知らせ
イッキ描きの画家・菊地理氏を迎えて ー《絵事放談》ー

日 時: 3月31日(日) 13:00~15:30
参加費: 500円 (お茶とお菓子付き)
ゲスト: 菊地理 ナビゲーター: 中尾陽一
場所 : プロトマニア 

[東京メトロ九段下駅 3b 出口(北の丸スクエア)より徒歩2分]
〒102-0073 東京都千代田区九段北1-12-5 市田ビル6F
予約・お問合せ: お名前と日中のご連絡先を添えてメールまたはお電話でお申込みください。
e-mail: yoyoa@mac.com phone: 090-2469-4450(荒川)
プロトマニアのHPからもお申し込みいただけます。→ こちらから

絵事放談の内容
I部 13:00~14:15 ルノワールの言葉をヒントに名画鑑賞
ルノワールが残したラフェロをはじめティツィアーノ、ベラスケス、ゴヤ、ブーシェ、ドラクロワなど 彼が見た名画についての感動の言葉をヒントに、菊地さんも敬愛するそれらの名画について縦横無尽 に語っていただきます。赤瀬川原平氏によるルノワールの『ピアノの前の少女たち』に見られる『柔らかさ主義』批判の文章についても検討します。もちろん、参加者からの質問、意見も随時受けつけながら、楽しく盛り上が りましょう!

休憩:15分

II 部 14:30~15:30 菊地画伯の作品を鑑賞する。 菊地さんの作品(実際の作品をお見せします)を肴に、菊地さんの作品を見ながら彼の提唱する絵画 作品鑑賞の4つポイント「密度、透明性、踏み込み、筆の愛着」の意味をみなさんと探っていきます。

菊地理:
父は風狂の画家・菊地辰幸。祖父は蒔絵師で僧侶という三代続く絵描きの家系。早稲田大学 東洋哲学科卒業後、フランスのボルドーにて絵画修業という異色の経歴の持ち主。落語と仏 教を愛するユニークなキャラクター。画家自身が《イッキ描き》と呼ぶ、感動を短時間で画 面に定着する描き方はユニークのひと言につきます。 これまで5万枚以上描いて鍛えてきたという画力に裏打ちされた《イッキ描き》による生命 力、躍動感に満ちた表現は大変魅力的。描く対象への『優しいまなざし』と豊かな色彩で見 る人に生きる『歓び』を感じさせてくれる絵です。

中尾陽一: 国際美術展プロデューサー
早稲田大学大学院西洋美術史学修士課程修了。フランス留学のあと、1985年から展覧会プロデュー サーとして、国内およびパリにおける美術館向けの国際美術展の企画業務に従事。企画協力した 展覧会は、モディリアーニ展、シスレー展、マチス展、ヴェネツィア派展、キース・ヘリング展、 ジム・ダイン展、ロバート・メイプルソープ展、パリで開催されたルオー展、兵馬俑展など多数。
モディリアーニの鑑定機関 Institut Restellini(パリ)の日本での窓口としてモディリアーニ作品 の真贋判定にも協力。

e0356356_11511451.jpg
               ルノワール 《ピアノの前の少女たち》

e0356356_11504272.jpg
               ブーシェ  《狩りを終えて憩うダイアナ》

e0356356_11500365.jpg
               ゴヤ  《カルロス4世の家族》

e0356356_11504996.jpg
                ベラスケス 《マルガリータ王女の肖像》


by redoutehugos | 2019-03-26 12:03 | アートの楽しみ

巨匠のバラの絵シリーズ: カラヴァッジョ展の帰りに見たルノワール《ばら》

ボンソワール!
こんばんは。

先週、カラヴァッジョ展を見に上野の西洋美術館に行ってきました。

e0356356_20111858.jpg

久し振りに常設展も見てみたらちょうどルノワールの《ばら》が展示されていました。

e0356356_20011828.jpg

ピエール=オーギュスト・ルノワール (1841〜1919)

ばら
油彩/カンヴァス  22.9 x 50.2 cm
国立西洋美術館

バラの花だけを極端な横長の画面に描いた作品ですね。
花弁の多いバラのこんもりと肉厚で柔らかそうな感じがとっても
よく出ていて、馥郁たる香りが漂ってきそうなくらい気持ちのいいバラの
絵です。
大きな作品ではありませんがルノワールの豊穣な世界がしっかり伝わって
きました。

ところで、この作品は来歴に「山本英子氏より寄贈、1991」とありました。
ちょっと作品のキャプションに注意すると「山本英子氏より寄贈」という作品が
かなりある印象です。

「山本英子氏って誰だろう?大企業の創業者婦人?それともNHKの朝の連続ドラマ
『あさが来た』の主人公のようにご自身が実業家?」
なんだかとっても知りたくなってきました・・・

この答えとカラヴァッジョ展については次回以降に。
(à suivre)


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


by redoutehugos | 2016-03-28 19:54 | バラ日記 バラ色生活 

巨匠の《バラの絵》シリーズ: ルノワール、「薔薇をもつガブリエル」

ボンジュール!
こんにちは。

巨匠が描いた《バラの絵》シリーズです。

e0356356_16331105.jpg
  © Musée d'Orsay, Dist. RMN-Grand Palais / Patrice Schmidt /distributed by AMF
            
《薔薇を持つガブリエル》
油彩/カンヴァス 55.5 x 47 cm1911年

モデルはルノワールの妻アリーヌの従妹ガブリエルです。

豊潤で女性らしさに満ちたガブリエルの上半身の存在感、花弁が幾重にも重なりこんもりと柔らかなバラの花の質感、薔薇の花を髪飾りのようにして頭に当あてる女性らしい仕草、それらの相乗効果が見事に融合して、大きな作品ではないにもかかわらず、モニュメンタルとも言える女性美を表現した作品となっています。
多作家のルノワールの作品の中には「あれっ?」と思わせるような作品も少なくないのですが、この絵はほんとうに格調高い名作ですね。

ガブリエルは16歳の時に、ルノワールの次男ジャン(のちにフランス映画の父と呼ばれる大監督になりました)の誕生に際して、アリーヌの故郷から呼ばれ、その後ルノワール家の次男、三男の乳母として家政婦としてまたルノワールのモデルとしてルノワール家になくてはならない存在となった女性です。ルノワールは赤ん坊のジャンをあやすガブリエルをテーマにしたほのぼのとした絵を何枚も描いています。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


by redoutehugos | 2016-02-25 16:40 | アートの楽しみ

ルノワール 「薔薇のある静物」

ボンソワール!
こんばんは。

昨日に引き続いて、巨匠の描いた「バラの絵」シリーズです。

バラを描いた画家と言えば、やはりルノワールが思い出されますね!
彼が裸婦の次に多く描いたのがバラのモチーフだと言われています。

e0356356_17184667.jpg

ピエール=オーギュスト・ルノワール (1841-1919)

薔薇のある静物
カンヴァス/油彩 46 x 55cm 制作年不明
ライプツィヒ美術館蔵

全体に筆に溶き油をたっぷり含ませて描くいわゆる「おつゆ描き」の描法で
水彩のような透明感を演出しながら、ポイントとなるバラの花びらには白い
絵の具を厚塗りにして光のあたった感じと存在感を強調しています。
たいへんこなれた描き方で、晩年に近い時期の作品だと思われます。
バラの馥郁とした香りまで感じさせる秀作ですね。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ


by redoutehugos | 2016-02-24 17:47 | アートの楽しみ