人気ブログランキング |

タグ:ロココ ( 2 ) タグの人気記事

第59回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞白熱講座』》  ロココ時代、静けさの巨匠: ジャン・シメオン・シャルダン

4月28日(日)のプロトマニア・アート・レクチャーのご案内です。

第59回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞白熱講座』》
 ロココ時代、静けさの巨匠: ジャン・シメオン・シャルダン


前回のモランディでは参加者のみなさんから、さまざまな見方、感想、意見が噴出
して、大変楽しい日曜の午後となりました。一見単調で、なんのための繰り返しなの?と思いかねないモランディの絵画ですが、じっと見ていると必ず我々の感性に沁みてくる、その親和力はさすがに巨匠の名に恥じないものだと、あらためて痛感しました。

次回とりあげるシャルダン(1699〜1779 )は、そのモランディがシンパシーを感じていた数少ない画家のひとりです。シャルダンは時代的にはロココの画家です。ロココという時代はブーシェに代表されるように、荘厳華麗なバロックの反動でちょっと軽佻浮薄で快楽主義的なイメージですよね。そんなロココ趣味は謹厳実直なモランディの趣味ではないと思いませんか?

たしかにシャルダンは美術史的にはロココの画家ですが、彼が描いたのは静物と庶民の生活、ロココ趣味には合わないものばかりです。それでいて、ロココを代表する画家のひとりに数えられるという稀有な存在なんですね。激動の20世紀美術の中で、時代に背を向けてアトリエにある静物との対話で深い造詣世界を切り開いたモランディと似ています。

シャルダンの名は日本ではあまり知られていません。2012年に三菱一号館美術館で開催されたシャルダン展が日本初の個展でした。この時のサブタイトルが「静寂の巨匠」。モランディも「静謐の画家」と呼ばれたりしますから、共通項は多いようです。

ちなみに、モランディはシャルダンのことを「トロンプ・ルイユの効果にまったく依存しない画家」だと評しています。トロンプ・ルイユというのはだまし絵のことです。さて、この言葉の意味するところは?

次回は、このモランディの言葉からシャルダンの「静寂」の世界にわけいってみたいと思います。

e0356356_10493432.jpg
白い瓶に活けた花  1763年

e0356356_11014986.jpg
パイプと水差し  1737年頃

e0356356_11032329.jpg
若い先生 1740年


*****************************************************************************

※ この講座は絵の知識を競うものではありません。絵を見る力が自然に身につ楽しい講座です。

※ いわゆる美術史の流れを知らなくても、その場で向き合った絵をどう感じたかどう見るか、そしてそれを どう自分の言葉にするかを「わいわいがやがや」 の 寺子屋スタイルで学びます。

※ 通史的な講座ではありませんので、いつからでも、興味のある画家の講座の時だけでも、 お気軽にご参加ください。

******************************************************************************

講師:  中尾陽一

日程 :  2019年 4月28日(日) 13:00 ?15:30

参加費: 4000円


場所 : プロトマニア

    [東京メトロ九段下駅 3b 出口(北の丸スクエア)より徒歩2分]

     〒102-0073 東京都千代田区九段北1-12-5 市田ビル6F


予約・お問合せ : お名前と日中のご連絡先を添えてメールまたはお電話でお申込みください。

  e-mail: yoyoa@mac.com

  phone: 090-2469-4450(荒川)


※メールでお申し込みいただきましたら確認の返信メールを送らせていただきます。

※プロトマニアから返信メールが届かない場合は、大変恐れ入りますがお電話でお問合せください。


※プロトマニアのHPからも簡単にお申し込みいただけます。

 →  お申し込み

******************************************************************

株式会社ウーゴズ

〒223-0051

横浜市港北区箕輪町2-5-25-601

tel: 045-563-8841 mobile: 090-8303-6131

info@hugosalchemy.com

http://www.hugosalchemy.com


e0356356_11232279.png








タグ:

by redoutehugos | 2019-03-28 11:31 | アートの楽しみ

第25回 《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門講座』》のご案内

5月22日(日)のプロトマニア・アートレクチャーのご案内です。

第25回 《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門講座』》
        
ロココ絵画(ヴァトー、ブーシェ、フラゴナール、そして・・・)を楽しむ!

毎月1回のこの講座も次回は第25回、いよいよ3年目にはいります。
3年目のトップバッターは「ロココ絵画」です。

明るい色彩と柔らかく繊細な表現で人生を謳歌するロココ絵画の画趣は、花咲き風薫る、1年中でもっとも気持ちのいいこの季節にぴったりですね。

ロココ絵画と言えばフランソワ・ブーシェ(1703-1770)に代表される王侯貴族の優雅な宴や恋の駆け引き、官能的でコケティッシュな女性像など、ちょっと軽い印象の絵が多いのですが、実は意外に多士済々です。

まず、ロココのオーソドックスな流れはヴァトー、ブーシェ、フラゴナールです。
ヴァトー(1684-1721)は《シテール島への巡礼(雅やかな宴)》に代表される「雅宴画(フェット・ギャラント fête galante)」を確立した巨匠です。しかし、雅やかな世界を描いた彼の画面には常に人生のはかなさや哀しみの気配が漂っています。病身のため36才で夭折した画家の人生観が反映されているのかも知れません。

そして甘美な官能性に満ちた絵画を量産したロココ最大の巨匠ブーシェですが、彼の作風は軽佻浮薄と批判されがちです。しかし、彼には修業時代のルノワールが大いに感動し、生涯の目標とした《水浴のディアナ》という傑作があります。この作品は光り輝くような裸体表現がすばらしいだけでなく絵全体の完成度も高く、私は裸婦像の傑作の中でも高位にランクされると思っています。

フラゴナール(1732-1806)は森の中でブランコをする若い女性とそのスカートの中を覗き見する男性を描いた《ぶらんこの絶好のチャンス》が有名です。いかにもロココ的で少々軽薄な主題の絵ですが、一方彼は《読書する娘》のような気品のある肖像画も描いています。


ロココのちょっとかわったところでは、王侯貴族ではなく市民の風俗を描いたグルーズ(1725-1805)がいます。彼の夢見るような眼差しのいかにも愛らしい少女像は欧米のほとんどの美術館に所蔵されていると言っても過言ではないかも知れません。みなさんも一度はどこかの美術館で彼の可愛らしい少女像を目にされたことがあるのではないでしょうか?

また、モーリス・カンタン・ド・ラ・トゥール(1704-1788)というパステル肖像画の名手もいます。彼の有名な《ポンパドゥール夫人の肖像》がパステルで描かれていたとは驚きですね。

そして、ロココ美術の真っ只中にありながら、まったくロココらしくない庶民生活を気取りのない観察眼で率直に描いた風俗画や、日常品を題材に独特な光に満ちた静物画の世界を築いたシャルダン(1699 -1779)。その確かな造形性は近代のセザンヌやマチスにも影響を与えています。彼はまたパステルによる自画像の傑作も残しています。

前回のファンタン=ラトゥールの「花の絵」については評価が完全にわかれましたが、次回も侃々諤々の議論になりそうな予感がしています。


e0356356_15505681.jpg
ブーシェ 《ディアナの水浴》 1742年 ルーブル美術館

e0356356_15545524.jpg
ヴァトー 《シテール島への巡礼》 1717年 ルーブル美術館


e0356356_16010934.png
シャルダン 《パイプと水差し》 1737年頃 ルーブル美術館

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★いつもご覧いただきありがとうございます★
ブログランキングに参加しています。
よろしければぜひ、いずれかおひとつ応援ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 インテリアブログへ

                















by redoutehugos | 2016-05-15 16:18 | アートの楽しみ