人気ブログランキング |

タグ:印象派 ( 4 ) タグの人気記事

よみうりカルチャー八王子 4月からの《絵画鑑賞講座》のお知らせ

よみうりカルチャー八王子で4月から始まる《絵画鑑賞講座》のご案内です。

〜これまで誰も教えてくれなかった〜
『絵画鑑賞入門』

【内容】
知識としての美術史を学ぶだけではなく、絵を前にした時にその絵と対話し、交感する鑑賞法を身につけるための講座です。講師のナビゲーションで、その絵に対する自分なりの評価もできるようになることを目指します。取りあげる作家については、時代背景や作品にまつわるエピソードのほか、展覧会企画の経験談も交えて実際的なお話をします。従来の講座では味わえない絵画と自分との主体的な対話と気づきという新鮮な経験をしていただきます。難しく考えず、楽しく絵について感じたこと、思いついたこと等を口に出してみることから始めましょう。

【テーマ】
1. 4月19日  モネと印象派 VS 美し過ぎる?サロン絵画
      印象派の攻撃の的となったサロン絵画の巨匠たち(ブグロー、カバネルなど)の絵とは?
      印象派との違いは?
2. 5月17日 印象派の父マネと先駆者ブーダン
3. 6月21日 モネとルノワール
4. 7月19日 ポスト印象派、セザンヌを中心に
5. 9月20日 スーラと新印象派

e0356356_15261460.jpg
e0356356_15290209.jpg

【日時】 第3週 金曜日 10:30〜12:00
 4/19, 5/17, 6/21, 7/19. 9/20

受講料等の詳細はよみうりカルチャー八王子のHPをご覧ください。

あるいは、直接下記にお問い合せください。
よみうりカルチャー八王子
〒192-0083 八王子市旭町1−1 セレオ八王子北館10階
TEL: 042-622-6211

by redoutehugos | 2019-03-03 15:37 | アートの楽しみ

ビジネスパーソン向け《五感で楽しむ『絵画鑑賞入門』》(1/30 毎日文化センター竹橋)のご案内です。

都会の寺子屋・プロトマニア(九段下)で6年前に始まった《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞白熱講座』》は今月の講座で第56回目となりますが、その姉妹編、ビジネスパーソン向け《五感で楽しむ『絵画鑑賞入門』》が竹橋の毎日文化センターで1月30日から始まります。こちらは月1回、平日水曜日の夜(19:00〜20:30)に開催です。

下記の2部構成で行います。

1.直感力をきたえる鑑賞法
素直に、見えたこと、感じたことを口に出すことから始めます。そして、参加者同士の発言から様々な気づき、ヒントを得ながら、さらに観察力、想像力を使って、描かれた絵画の中にはいりこんで、その絵画空間で遊んでみます。最後に、講師のナビゲーションで、その絵画に対する自分なりのオリジナルな評価をしてみます。

2.実感としての美術史(絵画の素養)を身につける
美術史的な知識が先にくるのではなく、できるだけ多くの絵画を見ながら、あくまでも絵を出発点として帰納的に実感として納得できる絵画の素養を身につけます。
1期(3回)でひとつのテーマ(今期は近代絵画理解の出発点となる印象派)を学びます。

詳しくは→ こちらから

e0356356_17531468.jpg
サロン絵画 ブグロー 《青春》

e0356356_18192884.jpg
印象派 モネ 《日傘をさす女性》

e0356356_18011148.jpg
サロン絵画 カバネル 《ヴィーナスの誕生》

e0356356_18215101.jpg
印象派の父 マネ 《オランピア》

e0356356_17582246.jpg
サロン絵画 ジェローム 《ピグマリオンとガラテア》

e0356356_18240030.jpg
印象派 ルノワール 《踊り子》


株式会社ウーゴズ

e0356356_18254397.jpg







by redoutehugos | 2019-01-23 18:27 | アートの楽しみ

美しすぎるサロン絵画(3)

ボンジュール!
こんにちは。

《ヴィーナスの誕生》が有名な、サロン絵画の巨匠カバネルですが、こんな絵もあります。
《オフィーリア》です。

《オフィーリア》はイギリス、ラファエル前派のジョン・エヴァレット・ミレーの傑作があまりにも有名ですね。
ミレイの絵では、悲しみのあまり正気を失い、川に落ちてしまったことにも気づかない様子で歌を口ずさみながらが静かに流されていくオフィーリアの様子が静謐な画面の中に記念碑的に描かれています。

カバネルの方は、気がふれたオフィーリアが柳の小枝に花環をかけようとして川に落下する瞬間を描いています。
ミレイの絵に比べると植物の描写があっさりし過ぎの感はありますが、どこか遠いところを見つめる、もはやこの世の人ではなくなってしまったようなオフィーリアの顔が印象的です。
e0356356_16581941.jpg
               カバネル  《オフィーリア》  1883年

e0356356_17340128.jpg
               ミレー  《オフィーリア》  1852年

《1月の絵画鑑賞講座のお知らせ》
毎日文化センター・竹橋  1~3月開催 ビジネスマン向け夜の特別講座のお知らせ
右脳も左脳もフル回転、ビジネスシーンでも大いに役に立つ
《五感で楽しむ『絵画鑑賞入門』

1月30日(水)、2月27日(水)、3月27日(水) 19:00~20:30 
詳しくは → こちらからどうぞ

よみうりカルチャー川崎 定期講座のお知らせ 
☆1月から定期講座《~これまで誰も教えてくれなかった~『絵画鑑賞入門』》が始まります。
 第1火曜 10:30~12:00  詳しくは → こちらからどうぞ

よみうりカルチャー大森 定期講座のお知らせ
☆1月から定期講座~これまで誰も教えてくれなかった~『絵画鑑賞入門』》が始まります。
 第3火曜 13:00~14:30  詳しくは → こちらからどうぞ

よみうりカルチャー自由が丘 定期講座のお知らせ
☆1月から定期講座《絵を見て話そう”心感覚”鑑賞法"》が始まります。
 第4火曜 13:30~15:00  詳しくは → こちらからどうぞ

よみうりカルチャー恵比寿 定期講座のお知らせ
☆1月から定期講座絵を見て話そう”心感覚”鑑賞法が始まります。
 第4木曜 12:30~14:00  詳しくは → ちらからどうぞ

よみうりカルチャー八王子 定期講座のお知らせ
☆1月から定期講座~これまで誰も教えてくれなかった~『絵画鑑賞入門』》が始まります。
 第3金曜日 10;30~12:00 詳しくは → こちらからどうぞ 

by redoutehugos | 2019-01-07 17:36 | アートの楽しみ

《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞講座』》4月からの新設講座のご案内です。

ボンジュール!
こんにちは。

《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞講座』》4月からの新設講座のご案内です。

☆印象派の革新性を理解するには、当時の絶対的権威だったサロン絵画を知るのが早道。

美し過ぎるサロン絵画と言えばやっぱりこの人。
ウィリアム・ブグローですね!

e0356356_18170183.jpg


*********************************************************************************
《絵画鑑賞はじめて講座》(4月から新規開設の講座です)
はじめて講座: 毎月第2土曜日  
13:00〜15:30  参加費:4000円
はじめて講座(bis):毎月第2火曜日  
10:30〜12:00  参加費:3500円
4月14日(土)  はじめて講座
4月10日(火) はじめて講座(bis):
              
テーマ:《印象派(その1)》 
     美し過ぎるサロン絵画vs印象派
サロン(salon)はフランス語で応接間のことですが、サロン絵画といっても応接間にかけるような絵画という意味ではありません。この場合のサロンはルーヴル宮殿のサロン・カレ(Salon Caré 方形の間)をさします。サロン絵画とはここで開催されたアカデミー派の展覧会で主流をなしていた絵画の意味です。印象派の理解のためにはまず、当時評判の高かった、というよりは絶対的権威だったサロン絵画とはどんな絵だったのかを良く知るところから始めたいと思います。
*********************************************************************************
場所 : プロトマニア 
    [東京メトロ九段下駅 3b 出口(北の丸スクエア)
より徒歩2分]
〒102-0073 東京都千代田区九段北1-12-5  市田ビル6F
予約・お問合せ : お名前と日中のご連絡先を添えてメールまたはお電話でお申込み 
         ください。
    e-mail: yoyoa@mac.com
    phone: 090-2469-4450(荒川陽子)
※メールでお申し込みいただきましたら確認の返信メールを送ら
せていただきます。

by redoutehugos | 2018-03-23 18:19 | アートの楽しみ